東北地方太平洋沖地震関係

遺跡に残る地震の履歴

京都新聞の朝刊(H23.4.14)に気になる記事が載っていました。東日本大震災に関して  森 浩一さんに聞く と題して

 考古学者森浩一さんは阪神大震災の起きた1995年から、顧問を務める古代学研究会の機関誌「古代学研究」で「地震考古学」を連載している。大地に刻まれた痕跡を通して、地震や津波を歴史的に学ぶ重要性を訴えてきた。今、歴史から何を学べるのか。(河村亮)

 古墳の地崩れ跡

 「誉田御廟山古墳(伝応神陵)の前方部にものすごい地崩れのあとがある。考古学者はみんな知ってたkれど、何の跡か分からんかった。大山古墳(伝仁徳陵)にも大きな地崩れ跡がある。そこに目を付けたのが産業技術研究所招聘研究員の寒川旭君。84年に地震学会で『応神陵の地崩れは戦国時代の大地震跡』と発表した。地層の下から水を含んだ砂層が一気に吹き上がる『噴砂』の跡が古墳に残ってて、その直径などで地震の規模や間隔、社会への影響が分かる」

 古墳は先祖が設置した「巨大な地震計」ともいわれる。「都道府県別に連載してると、地域の地震の履歴書が見えてくる。この地域は平安時代に地震があり、ここは室町の震災とか。寒川君の研究も進んで、今では誉田山が戦国時代の何年に地震があったか分かってる。河内の寺がようけひっくり返った地震や。八幡市の内裏八丁遺跡を掘ったときも無数の噴砂跡が見つかり、文禄最後の年(1596年)、伏見大地震の痕跡やった。噴砂の直径から阪神大震災より大きく、伏見城も被災した。また大宝元(701)年、『丹後風土記逸文』に凡海郷(丹後加佐郡=舞鶴市)で大地震が起きて陸地が海になり、山の先だけ残ったとある。それが冠島。誇張はあるけど、京都でも大きな地震は起きている」

 自然に学んだ古代人

 縄文人や弥生人は、自然をよく学んでいる。森さんは30年以上前から、明治三陸沖地震の教訓として東北地方では不便でも高台の宿に泊まるという。「以前、北海道の噴火湾や奥尻島の縄文遺跡を踏査したことがある。集落の遺跡は、海岸線の道に沿って発達する現代の集落を見晴らす高台にあった。その後、93年の北海道南西沖地震で大津波があり、現代の集落はやられてしまった。災害後、仮設住宅は遺跡近くに造られ、今もその近くに移る人もあるそうだ。東京などでも海岸近くに貝塚跡があるが、それは魚を干したりする作業場で、定住してるわけやない。便利不便というものさしを基準にしてはいけない。

 機械の数値ばかり

 森さんは、学問の科学技術追従の姿勢に警鐘を鳴らす。「最近の医者が患者の顔を見ず、検査のデータばかり見るのと同じように、地震学者や気象庁は高価な機械の数字ばかり見て、地面の表情、地域の伝承を知ろうとしない。この震災で、宮城・松島の宮戸島では貞観津波(869年)の際に潮が到達した地点に大きな石が立ってて、村人の言い伝えで『石より高い所へ逃げえ』と高く登ったんで、死者はほとんどなかった。今度の津波で、波が来た目印を各地に立ててほしい。常に目に見えることが大事」

 遺跡や古墳、古文書などは地震のみならず、火山や洪水など多様な痕跡をとどめる。先人がいかに災害に立ち向かったか分かる。「天明3(1783)年に浅間山が噴火し、嬬恋村が火砕流にのまれた遺跡がある。母親を背負って逃げていた人が神社の最上段で火砕流に追いつかれて、その骨が発掘されてる。この噴火では死骸が川を下り、江戸・帝釈天境内にまで流れ着いて、今も碑がある。興味深いのは、復興にあたって村の庄屋か誰かが、子をなくした親と親をなくした子で人工の家族をつくらせた記録が残っている。知恵はたくさんある」

 森さんは、災害教育の充実を強調する。「子どもだけでなく、それを教える大人、教師を育てなくてはいけない。教員研修期間に学ばせる。命にかかわる問題。歴史に学ぶことはまだ多い」

 本文の記事を読んで、その土地に、その時起こったことは言い伝え、伝承、ことわざとして残されている。古文書の中、地方のお伽話、遺跡の中には重要な事柄が一杯ある。

 目先の便利さだけを追求していると自然から大きなしっぺがえしが来る。今回の自然災害から我々は大いに学習して次に活かさないといけないと思いました。

 文責 三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東日本大震災」雑感

昨夜(4月7日)の寝込みの強震、コリャ徹底的にヤルつもりだなと震撼いたしました、、、

上野のお山の桜も満開。
平日でしたが日中、青ビニールを敷いて慎ましく缶ビールを飲んでいたのは若者の一組だけ。
家族でお弁当を開いている姿もなし。
人々は大坂造幣局の観楼会のように、ただ通過するのみ。
上野は見せていただくものではなく、庶民の楽しみの桜のはず。
一昔前、地下広場でのフォークソング集会が解散させられ、「此処は通路!立ち止まらないで!」を思い出しました。
今この時期ハメを外すわけがなく、最近内田 樹氏が『「自粛」の合唱と「非国民」の合唱は指呼の距離』との喝破に肯きました。
東はもちろん関西の皆さん、どんどん義援金も、元気もアレもコレもテンションを上げてください。

さて連日マスコミによる報道に圧倒されますが、だんだん同じパターンに気付いたのは、私だけでしょうか?
悲惨な写真を含めた現状報道は国内では規制、あるいは「自粛」しているのです。
日本在のタイの人の所へ、心配した親元からタイ新聞の報道写真が送られてきて、現実に仰天したとのことです。

原発も更に悪化、初発これよりひどかったスリーマイズル島はトップダウン指令で7日で抑えたとのこと、日本は原発安全なんとか委員会が数カ所あり、会議会議の無責任ボトムアップ方式、いつのまにか危険度はスリーマイルズ島を超えてしまった。これも知らしむべからず、矛盾が露呈してきました。

「3.11.」直後、歯科医師会から身元確認の調査ボランティアの募集がきました。
一瞬心が疼きましたが、御巣鷹山での群馬の歯科医たちの度を越す苦闘を聞いていましたし、ましてや今回はすべての状態において其の比じゃない、とても67才の心身では無理と敬遠させてもらいました。
僅かな義援金で、なんとか気持ちを表示したつもりですが、、、

この「報道問題と身元確認の現実」を通して犠牲者の悲惨さを知らしめるメールを、多くのボランティア歯科医を派遣している岩手医大出身の女性歯科医(新潟在)から昨夜頂きました。
この現実は多くの人に読んでもらうべきだと思い、この場への公開の了解を求めたところ、御快諾頂きました。

『吉田先生、

東北での検死作業は人手不足と検死体の数の多さと傷みのひどさからかなり悲惨なのだそうです。
水死しただけではなく二次災害から焼死体になったご遺体や部分遺体も多く、子供のご遺体には落涙しながら、、、
口腔内は砂利や泥が詰まっていてそれを洗いだす作業も手間がかかるそうで
歯医者2~3人でグループで一日40~50人ぐらいが限界のようです。
歯科医の自前の着衣も毎日焼却、配られる食事は昼食のみ。

新潟県の歯科医師会にもボランティアの依頼がありましたが、一週間単位で出向かなければならないので私も行くことはあきらめました(とても1週間も仕事を休めません)。
でも三条(新潟)近郊で自分の医院を1週間閉めてボランティアに出かけた先生もいらっしゃいました。
しかしながら、ボランティアとは何かを考えたら、自分の仕事と生活をきちんとしたうえで成り立つものなのでしょうから、私達(主人と私)はこの検死のボランティアはあきらめて義援金等自分の出来る事の範囲で考えるように頭をきり変えることにしました。

TVで見る被災地はあまり悲惨なところは映りませんがが、実際は腐敗も匂いも凄まじいそうです。
さらにご遺体の多くは今海の中に沈んでいますが、県警の予想ではあと1ヶ月くらいしたら浮いてくるのではないかということだそうです。
その時もまた検死は行わなければならないのだと思います。

今、大船渡や気仙沼で自分の医院が流されてしまった先生達が率先して検死作業をしています。
大学の先輩や後輩や知っている人達が頑張っている様子をみると頭が下がる思いです。
本当にあまりにあまりに悲惨で、考える度に胸がいたいです。』  

以上です。 
近くの60半ばの歯科医が、このボランティアで来週岩手に出掛けます。
頭が下がる思いと共に、薬で抑えている高血圧の体を危惧しています。
「君が体壊したら、犠牲者は喜ばないよ。いつでもギブアップしろよ」とこのメールとともに伝えましたが、、       吉田惇三

| | コメント (8) | トラックバック (0)

津波の恐ろしさについて

3月25日のTV報道によれば、今回の津波は東北・関東地方の沿岸部に多大な被害を及ぼしているが、各河川を溯上した津波は河口から49キロ離れた所にもやってきていたと報道されていました。

 地震発生後約3時間ほどで水位が上がったそうです。すごい速さで河川を溯上しているので、この地域の方々は水が逆流していく様子を耳にされて恐ろしかったことと思います。

 これは関西でいえば大阪湾から約50キロというと京都市内に達する距離なのです。

 文責 三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射性物質に関して(H23.3.23)

平成23年3月23日付の京都新聞朝刊拾い読みから

 放射性物質とは

 放射線を出す物質。今回検出されたヨウ素131とセシウム137は自然界にはなく原発事故との関連がかんがえられる。

 放射性物質が壊れ、半分に減る時間を半減期といい、ヨウ素131は約8日間だが、やっかいなのはセシウム137で約30年もある。半減期が長いほど放射性物質がなくなりにくい。

 「ベクレルと「シーベルト」という単位について

 ベクレルは放射線を出す能力である放射能の強さや量を表す単位。

 シーベルトは放射能の人体への影響を示すのに使われる。例えば、同じ量でも放射線の種類や、距離によって影響は異なる。電球でいえば、ベクレルは光の強さそのものを示すもので、シーベルトは距離によって変わる明るさを測るものといえる。

 外部被ばくと内部被はく

 体の外から放射線を浴びた場合が「外部被ばく」

 放射線を体の内に取り込んでしまった場合が「内部被ばく」

 「外部被ばく」はコンクリート構造の建物に入るなど周囲との「壁」をつくれば影響を少なく出来る。

 「内部被ばく」は雨やちりなど落下物を吸い込んだり、放射性物質を含んだ水や食べ物を取ることが原因となる。

 原発周辺の海水汚染について

 「沸騰水型」の福島第一原発では、燃料に直接触れる水と、その水を冷やすための海水が使われている。直接触れる水は内部を循環して再利用され、外部には出ない構造になっている。海水は燃料と直接接しておらず海に捨てられている。今回、周辺の海で放射性物質が検出されたため、事故による施設の崩壊や放水の影響が懸念されている。

 農産物

 暫定基準値とは

 放射性物質が付着した食品が安全かどうかを見極めるためとして、国際放射線防護委員会が(ICRP)が各国に勧告した数値を参考に厳しく設定した。厚生労働省が急いで決め17日に地方自治体に通知。このため「暫定」となっている。

 直ちに健康被害が出ることはない。政府は「基準値を超える食品を数日間食べたとしても、今だけでなく将来にわたっても健康に影響はない。一年間食べ続けた場合に、初めて健康に影響が出る可能性が出てくる」などと説明している。

 出荷停止

 基準値を超えた食品を長期間食べ続けることは良くない。基準値を超えた食品を出荷段階で封じ込めて市場に出さなければ、安全な食品だけが流通することになり、消費者も安心できる。

 水道水

 原発周辺の水道水から放射性物質が検出された。

 福島県飯館村で、20日に水道水1キロ当たり965ベクレルの放射性ヨウ素を検出。国が定める摂取制限値300ベクレルの3倍以上だ。放射性セシウムの制限値は200ベクレルで、今のところ超えた地域はない。

 厚生省は制限を超えた水道水は大人も子供も飲まないように注意を呼びかけている。一方で、直ちに健康に影響は出ないとして「代わりがなければ飲んでも差し支えない」としている。

 赤ちゃんは

 粉ミルクを溶かして飲ませる乳児については基準を厳しくし、放射性ヨウ素が100ベクレルを超えた場合は飲ませないよう求めている。乳児は甲状腺にヨウ素を取り込みやすいためだ。

 放射線が体に与える影響について

 被ばく医療を専門とする長崎大の山下俊一教授が、東京都内で記者会見し

 「現状では原発から(避難指示区域の)20キロ離れていれば安全。健康への影響を心配する必要はない」と話し、過度に不安にならないよう呼びかけた。

 放射線を浴びることは皆無(0)には出来ない。

自然界から1年間に浴びる放射線量は2.4ミリシーベルトである。

ちなみにレントゲン写真を撮るとき浴びる放射線量は1回当たり0.05ミリシーベルト

またCTスキャンを受ける時浴びる放射線量は1回分で6.9ミリシーベルトでレントゲン写真の約140回分にあたる。

 牛乳でいえば基準値は300ベクレルで、これは1年間平均消費量だけ飲み続けると0.6ミリシーベルト被爆する。一般人が1年間に被爆して良いとされる目安が1ミリシーベルト。

 一般人が1年間に浴びていいことにしている1ミリシーベルトというのは、を元にして、だいたいこんなもん、と決められているのだろう。

 被ばく量が年間100ミリシーベルト以上だと、がんの発生リスクが高まる。低いレベルなら被ばくでDNAが傷ついても修復できるが、高いと修復できないものが出てくる」と注意した。

 いずれにしても、これらの現在発表されている数値は極度に恐れることはない。ただ公的機関は正確な情報を報せて不安感を取り除く努力をして欲しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災、東北関東大地震)のメカニズムその2

今回の大地震は広範囲に渡って被害が発生したこともあって、いろいろな呼び方がされております。日本観測史上最大規模の大地震でM9.0。

 また地震の影響で大津波が発生、それに加えて福島県の海岸沿いに建設された原子力発電所の施設が地震、大津波の影響をまともに受け、大きな被害、損傷し、外部電力が切断、本来自力で発電して外部に電力を供給することが出来なくなり、水で冷やしていた施設が機能しなくなったりして放射能汚染が拡がってしまったこと。

 地震で災害を受けて人々に放射能汚染の恐怖を与えて、避難を余儀なくさせてしまった。このような災害を起こした地震の構造が京都新聞朝刊(H23年3月21付)に記載されていましたので、紹介します。

 4つの震源域が連動し想定外の地震になったと考えられています。

 一つ目 三陸沖南部海溝寄り 

 二つ目 宮城県沖(牡鹿半島沖約130キロ、水深約24キロあたり)

 三つ目 福島県沖

 4つ目 茨城県沖

 水深1万メートル以上もある日本海溝はこれら震源域の東側にあります。

 そして太平洋プレートは北アメリカプレート(日本列島(北海道、東北、関東、静岡県辺りまで北から南下))が乗っかっている)の下に潜り込んでいる。

 「プレート境界型地震」といって、ぶつかりあっている二つの「プレート」と呼ばれる地域の板がずれ、地震が起きた。ずれた断層の面積が広いほど、エネルギーが増えて大きな地震になります。今回は長さ400km、幅200kmという広い範囲が一気にずれて、地震が大きくなった。

 宮城県沖が震源なのに、岩手県や福島県にも大津波が押し寄せています。

今から115年前の1896年に発生した三陸沖の地震では約39mほどの大津波が押し寄せてきていましたが、これらの記録を元に作られた防潮堤を越す大津波が今回は広い範囲の海岸で押し寄せてました。

 震源といわれている地点は断層が崩れ始めた場所で、地震を起こすのは「震源域」と呼ばれるもっと大きな範囲です。「震源域」の上の海水が、跳ね上がったプレートに持ち上げられて、津波になるので、広い範囲に大きな津波が押し寄せた。 

 想定外の大地震といわれているけれども。

 震源域はいくつにも別れていて、二つぐらいは一緒に動くこともあるけれど、4つが一緒に動くとは思っていなかった。考えていたよりはるかに大きなエネルギーが地震となり津波になり、大きな被害になった。

 西日本はどうなっているの。大地震が起こるのかなあ。

 日本地図を広げていただくとよく判るのですが、静岡県の三保の松原あたりから

浜名湖、渥美半島、紀伊半島の真ん中、和歌山市、淡路島の南、徳島市、四国山脈、佐田岬半島を経て、九州の国東半島の南別府市から熊本市あたりまで東西にほぼ一直線に線が引けます。

これは南海トラフがその南に走っていて深く海中に沈み込んでいて、日本列島がこれ等の地点を境に東西に渡って南側が下の方向に折れ曲がってプレートが海の中に入りこんでいることの証明であるといえます。

南海トラフ(なんかいトラフ)は、四国の南の海底にある水深4,000m級の深い溝(トラフ)のこと。非常に活発で大規模な地震発生帯である。

プレートテクトニクスでは、北西に進んできたフィリピン海プレートが、ユーラシアプレートの一部である西南日本と衝突してその下に沈み込んでいる場所に相当する。駿河湾富士川河口付近を基点として、御前崎沖まで南下しその後南西に向きを変え潮岬沖、室戸岬沖を通って九州沖に達する。その先は琉球海溝南西諸島沖縄の東を南北に走る)に繋がる。

南海トラフは、二つのプレートが衝突して海洋プレートが沈み込んでいるため、非常に活発で大規模な活断層である。南海トラフの各所では、東海地震東南海地震南海地震などのマグニチュード(M)8クラスの巨大地震が約百年ごとに発生している。最近では紀伊半島南東沖を震源とする東南海地震(1944年 M7.9)、同じく紀伊半島南方沖の南海地震(1946年 M8.0)など大きな被害が出た地震の原因となっている。なおこの二つの地震の震源地に隣接する静岡県南方は1854年12月23日の安政東海地震以来150年以上経過しており、次の東海地震の発生が懸念され種々の対策が検討されている。

 

 西日本のプレート境界型地震は、三つの震源域として

  東海地震域(静岡県)、

 東南海地震域(愛知県、三重県、和歌山県)、

 南海地震域(和歌山県、高知県、愛媛県)があり、

 この南側に南海トラフが東西に渡って横たわってあります。

 この三つが一緒に動いたのが、1707年の「宝永地震」といわれています。このときはM8.6になったと考えられていて、津波などで2万人が亡くなりました。

 これから大丈夫なの?

 三つの地震は今世紀前半に起こると考えられていて、連動する可能性もあります。もし連動して東日本大地震のような巨大地震になったら、今回のように地震や津波に加えて、電気などのライフラインや、原子力発電所にも影響すると心配する研究者もいます。プレート境界型地震の前後は、阪神淡路大震災のような内陸の大地震も増えます。

 怖いなあ。どうしたらいいの。

 地震をなくすことはできないけれど、被害を軽くすることはできます。みんなで考えて、いろいろな対策をしましょう。

 関西電力は500億円から1000億円の予算をかけて福井県の海岸地帯にある原子力発電所の施設に地震対策を行なうと発表しております。

 でも、今大切なのは、大地震で困っている人の力になることです。

 文責 三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北地方太平洋沖地震のメカニズム

吉田君が太平洋プレートが動いたとコメントしていましたが、最近のTV、新聞等で得た知識によると、

今回の大地震は太平洋プレートの上に乗っかっている北アメリカプレートが動いたのであって太平洋プレートではありません。

 日本という島国の東側には日本海溝という深い谷間(水深1万m以上の深さがあるそうです。)があります。この海溝は北海道、東北地方から関東地方の東にある。
 
また太平洋プレートはこの日本海溝の東側にあって北アメリカプレートの下に深く潜り込んでいます。

 またこの北アメリカプレートの西側にはユーラシアプレートがあります。(北海道、東北の西側にある日本海以西)

これら二つの太平洋プレートとユーラシアプレートの間に北アメリカプレートが(千島列島から日本の北海道、東北、関東から静岡県あたり(地溝帯フォッサマグナ)まで)半島のように北から張り出してきている)
 今回の大地震は太平洋プレートに押し込まれていた北アメリカプレートの東側端が沈み込みの重圧に耐え切れなくなり、海岸から沖130kmから200kmまでの間で、ひずみ解消のために大きく(10mから20m以上)はね上がった。
 領域は(南北約400kmから600km、東西約200km)
 このため、海水が一挙に押し上げられて大津波が発生した。

 また東北の三陸海岸はリアス式海岸と言われている。、

地形的に入りこんでいるので、太平洋では10mほどでも深い湾では水が集まり海岸線に作られていた防潮堤を越えて10km以上も離れたところでも川や、低い土地を津波が駆け上り今回の大惨事となりました。

 静岡以西ではフィリピンプレートが同じように南から張り出してきている。これらのひずみが解消する際に東海・南海大地震が発生すると懸念されてきたが、その前に北アメリカプレートが動いてしまった。

追伸、3月16日午後0時52分に発生したM6.0の千葉県銚子沖10km(震源地)の地震は、陸から近いところだったので大きな津波は幸いにして発生しなかった模様。
これがもう少し沖の日本海溝の辺りが震源地だったら恐ろしいことになり、津波も大きなものとなる。

    

     位置関係を表すと西から東へ

       日本海  | 日本列島 | 日本海溝 | 太平洋

    (ユーラシアP)|(北アメリカP)|水深1万米 |太平洋P(プレート)は

             |(北海道)  | 以上の深さ |北アメリカプレートの下に

             |(東北地方) | がある  / 潜り込んでいる。  

             |(関東地方) |    /

             |(静岡県)  |  /              

           |フォッサマグナ| /

                     /

                   /

          地溝帯(フォッサマグナ)が日本の真ん中を日本海から太平洋迄

              横断している。

     フィリピンPは東海地方、近畿地方、四国地方、九州地方が乗っている。

 これらのプレートが複雑に重なりあっている上に日本の国は存在していて

 太平洋P(プレート)が同じく日本列島の下に潜り込んでいて、近い将来にこの部分のひずみが解消するときに大地震(東海、南海地震)が発生するとこれまで騒がれていた。

     文責 三輪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地震災害お見舞い申し上げます。

平成23年3月12日昨日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様お見舞い申し上げます。

TV報道を見ていて、「つなみ」の被害の酷さに驚いています。京都では周期のゆっくりした地震で体感はあまりありませんでした。TV報道を見て、改めて外を見ると電線が揺れており、今のは地震だったのかと思った位でした。

 しかし、考えて見ると600kmから700kmほど離れたところに発生した地震が京都まで及んでいたことを考えるとこれは大きな大きなエネルギーがあったと思います。聞くところによると三陸海岸の地面が10m以上も移動したため、大きな「つなみ」が発生し、特に入り組んだ三陸の海岸を襲ったのだと思われます。まだまだ余震が起こると思われますので、十分注意して頂きたいです。娘家族が練馬区にいるので、直ぐに電話しましたが、なかなか電話が繋がりませんでした。ようやく向こうから固定電話にかかってきて安否の確認が取れ、無事であるとのこと、一安心しました。その後も余震が続いているとのこと。

 3711会の仲間も沢山この地方にも居られることと思います。安否が心配です。無事をお祈りします。

       文責 三輪

| | コメント (2) | トラックバック (0)