« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

天童山775m(H25.7.20)

7月の3711テントウ虫の会は天童山775mに登りました。

例によりメンバーに下記のメールが流れました。

3711テントウムシの会メンバー各位  今回も連絡が遅くなりすみません 7月20日(土)は城丹国境に在る天童山(775m)に そして時間・体力・天候が良ければ「飯森山(791m)」を往復90分プラスも有りと云うこと で集合時間・場所は京阪出町柳の河合橋西詰8時30分出発~福王子(R162)~周山右折(R477)~山国バス停付近を右折~中江の東林寺周辺P.=<直登コース(コンクリートの祠から林道を登り山道に入る)けい石採石場跡付近から急登、ガレ場を登る>か 又は 右の山道を=竜ガ坂=鳴の堂 二石仏=林道を40m下り=左の山道に下り気味のトラバース道=鳴の堂跡を過ぎ=谷を3回ほど渡り=茶呑峠に(地蔵菩薩立像の祠)=急騰を登り稜線に抜け=一旦下ってヒノキ林の中を登る=天童山(775m)山頂 展望不可= (=城丹国境尾根縦走コース ここから下り=次の峯に関電の反射板=下ると鞍部右にヒノキ林=短い急登=飯森山山頂791m=元の道を戻る が本来は大谷峠から祖父谷峠を経て岩屋橋への縦走コースです) =元のコースを戻る=P.~京都市内へ お風呂の用意、食事するかも 地形図;1/25000「上弓削・周山」 持物;飲み物、弁当、ストック、スパッツ、ヘッドランプ、帽子、サングラス、雨具、手拭、ザックカバー、長袖シャツ、手袋  参加不参加のお返事は16日(火)までに 又当日車が出せる方は合せて連絡をお願い致します 中岡保弼

 追って 熱中症が心配されます 当日はこまめに少量の水分補給をしてください 一気に多く飲んでも体に吸収されないそうです(水分補給の量は?因みにこのような算式があるそうです 体重×登山時間×5ml 是で体重50kgの人の場合 今回往復5時間とすると 50kg×5h×5ml=1.25リットルの飲料を必要とします 又簡単なスポーツドリンクの作り方は 2リットルのペットボトルに水を同量入れて 塩を小さじ半分 砂糖を小さじ4杯 是を撹拌すれば 同様の効果があるそうです 但し、糖尿の症状がある方にはお勧めできませんのでご注意ください) 特報 位田氏より団体消耗装備品として「ヒル下がりのジョニー」を準備しますとの相 連がありましたので 準備をしていただきます 三好さん1、2~300円の出金をお願い致します 参加者全員の2回分くらい使えそうです 用途は蛭避けです 

これに答えたメンバーは次の通り

 市、位田、中岡、永根、増戸、水沢、三好、三輪の8名。

 市、中岡両氏提供の2台の車に分乗し、集合場所の河合橋西詰めを8時45分過ぎに出発しました。今出川を西進、御室を抜け福王子から高雄経由で周山に午前9時40分頃到着。

Dsc05948                            

Dsc05949

午前10時頃 中江の林道入り口付近に車を止め、出発準備

Dsc05950

 この時期は山蛭が多く出るとことで全員足回りに「ヒル下がりのジョニー」散布。

Dsc05951 Dsc05952

午前10時15分、装備を整えた我々は林道に入りました。

Dsc05953

ここは京都一周トレイルの京北地区コース

Dsc05954

 林道沿いに賀茂神社があり参拝しました。

Dsc05956 Dsc05957 Dsc05958

午前10時42分 コンクリートや砂利道の林道を抜け、堰堤から出てくる水路を渡るとここから本格的な山道に入ります。

Dsc05959

Dsc05960

Dsc05961

Dsc05962

 林道に山蛭を発見。

 

Dsc05963

 緑色の鮮やかなカエル発見

Dsc05964

 午前11時28分 鳴野堂の二石仏に到着しました。ここで小休止。

昔はここに茶店があったそうです。

Dsc05968

ここから我々は茶呑峠を目指します。

Dsc05969

 薄暗い高低差のない林道巻き道を茶呑峠へ

 午前11時40分     午前11時46分

Dsc05971  Dsc05972

Dsc05973

Dsc05974_2

 午前11時59分視界が開けてきました。

Dsc05975

Dsc05976

谷を渡る

Dsc05977
午後0時14分前方に茶呑峠の御堂が見えてきました。

Dsc05978

 午後0時15分茶呑峠に到着 ここで昼食をとることにしました。

Dsc05979

Dsc05980

Dsc05982

 峠にそれぞれシートを敷き昼食の準備

Dsc05983

Dsc05984

 水沢君がハモ寿司を作ってきてくれたのでお相伴

Dsc05985

 トマトも丸かじり

Dsc05986

 午後0時47分 お腹一杯になった我々は茶呑峠(500m)から天童山775mに直登します。凄い坂です。

Dsc05987

 途中大きなきのこを発見

Dsc05988

 午後1時25分、 天童山山頂まではもう少しですが、コーヒータイムにすることにしました。

Dsc05989 

Dsc05990
 吉野葛餅が出てきました。

Dsc05991

Dsc05992 Dsc05993

Dsc05994 Dsc05995

 コーヒーもできて暫し談笑

Dsc05996

 午後1時55分再び天童山山頂を目指す。

Dsc05997

 山頂手前にくると視界良好となりました。

Dsc05998

Dsc06000 Dsc06001 

目指す天童山がかなたに見えています。

Dsc06002

  ハングフライト基地から飛び出したハングライダーが悠然と飛行しています。

Dsc06003

午後2時10分

 京北 D3          京北 D-1

 

Dsc06004  Dsc06005

 京北 D4

Dsc06006
 

午後2時25分 天童山山頂に到達

Dsc06007

 全員で記念写真 山頂は眺望が悪くしばらく滞在した後下山開始

Dsc06008

 午後3時18分 TV電波の中継基地で小休止

 

Dsc06010

Dsc06011
 

何やら足元に砂のすり鉢を発見 蟻地獄 子供のころ遊んだ記憶。

Dsc06012

 午後3時45分ハングフライト基地に到着

Dsc06013

ここからの眺めは素晴らしい

Dsc06014

Dsc06015_2

午後4時3分 ハングフライト基地を後にした我々は林道下り、元来た道へ

京北18

Dsc06016

午後4時40分 一角獣の頭部みたい
 

Dsc06017

 午後4時48分 ゲートへ戻ってきました。

Dsc06019

午後6時過ぎに日吉ダムそばの温泉で汗を流し、

Dsc06020 Dsc06021 Dsc06022

Dsc06023

Dsc06024

午後7時

隣接のレストランで夕食のバイキング料理を食べながら談笑。

Dsc06025

 午後8時過ぎに日吉を出発家路に着きました。

Dsc06026

 家には午後9時を回っていました。運転された市、中岡両氏に感謝。

 文責 三輪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下鴨で火事(H25.7.21)

Dsc06030

 今朝午前7時過ぎ、下鴨で火事が発生し、消防車が家の近くを走りました。

火元は家庭裁判所前の中華料理店で煙が立ち上っています。ビルの2階から、火がちらちらを見えていました。消防車数台が来て消化に当っていました。

Dsc06027

Dsc06028

Dsc06029

Dsc06030_2
 下鴨本通りから御影橋へ行く交差点では消防車が道路の水道管より水を取りホースで現場へ送水していました。後ろは糺の森。

Dsc06031
 家の前から見ると葵橋方面に白い煙が立ち上っています。

Dsc06032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第95回全国高校野球京都府予選初戦敗退

第95回全国高校野球京都府予選が始まっています。母校の洛北高校は大会第5日に登

場。太陽が丘球場での2回戦で福知山高校と対戦しました。

  福知山 020 000 000=2

  洛 北  000 000 000=0

  2回表に2点を先制された洛北はその後粘り、接戦に持ち込もうとしましたが、相手投手を

打ち崩すことができず、そのまま敗れました。

  ここ数年は初戦敗退が続いており、なんとか壁を打ち破って欲しいと思います。

  残念ですね。

  文責 三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古代蓮の里!

今年も暑い暑い夏がやってきました!!!

皆さん元気ですか~、その暑さを吹っ飛ばしていただければ良いですね?

と思って昨年も掲載した、「古代蓮の里」へ行って来ました。

昨日朝5時過ぎにママチャリに乗って、30分少々走ると到着。

まだ5時半過ぎだというのに、人が溢れています。

この田舎町にどこから湧いてきたのか、兎に角高齢者パワーが炸裂という感じでした。

少し清々しい気持ちになってもらえたら、と願って写真を掲載します。

*写真の上でクリックして貰えれば大きな画面で楽しめます。

2013/7/14 武蔵野国 素浪人

P1040086

P1040089_2

P1040090

P1040088

P1040093

P1040097

P1040096

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »