« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

「神田川歩き・後半」

2月に引き続き、3月28日(木)「神田川」の後半部分を歩いてきました。

前回の終着点、JR山手線「新大久保駅」に集まったのは8名、残念ながら「虚無僧」さんは、京都へ行って風邪をひいたとのことで不参加。

あと1人は急用(どのような事変かは不明)ということで、不参加になりました。

001

何と今日は天気予報では暖かくなるというより、少し暑いくらいということだった。

駅から10分ほどで「神田川」に到着すると、両岸の桜はいま将に百花繚乱満開です。

今日まで待っていてくれたとしか思えない、「おじさん」8名は年甲斐も無く感激、もう何時お迎えが来てもいいや、とは言わなかったが、ただただ花に見とれる始末、なかなか歩き出さない、いや~極楽・極楽という感じでした。

005

009

010

013

015

016

021

022

023

童心に返り、西武電車の走る様を楽しんだり、「都電」のカラフルな模様を楽しんだりしているうちに、「面影橋」の停留所の前に、早大生の作とおぼしき「川柳」が張ってあり、それを眺めながら二つ三つ写真に撮りましたので、皆さんの講評を待っています。

027

029

031

033

中の一つには、我らの仲間が苦い顔をしていました。

同じことを経験したようです(心境は察して余りある)?

さて時間もお昼時になってきた、今居る場所は都電の終着駅「早稲田」、8人が一度に座れるところは、そうです学食でしょう。

ということでお洒落なよそおいのテラスの学生食堂に突入。

各自思い思いのものをトレーにのせて、レジへ行き、席に着く。

ほとんど同じようなものを、とってきたようである。

035

036

「なんとかの宅食」見たいな物ばかり、年やなぁ~と感じるばかり。

私の取ってきたものの代金460円、ほぼ全員似たようなものである。

8人の合計でも4000円未満、デフレはおそろしいなぁ~?いや有り難いなぁ~

086

食べた後は庭園を散歩して「神田川」へ戻る。

039

040

041_2

暫く桜の下を歩くと関口、ここには熊本・細川家「永青文庫」があるが明日まで休館日、以前に来たときも休館日だった、我々には縁が無いということか?

046

047

すぐ隣の「芭蕉庵」に入り、一句をと想を練るがまったく浮かばない、次に来る時までに考えておこう。

又少し歩くと「椿山荘」がある、見るとはなしに見ると、お昼のメニューに書かれている代金、一番安いのが6000円(1人)見なかったことにして、先を急ぐ。

すぐに「地下鉄・江戸川橋駅」、このあたりは出版関係の会社がひしめいている。印刷会社・製本会社・販売会社などのビルばかりが集まっている。

暫くすると「後楽園」明日から開幕、左手にドーム・ホテル・場外馬券売り場・遊園地などがひしめいている。

この先を歩いていると立派なビルがあった、見上げてみると何と「都立工芸高校」と書かれている。

高校でこんなに立派な校舎?よく判らないまま先に進む。

059

067

065

060

すぐ先に仲間の我孫子の宗匠の、母校が出てきたので、みんなで記念写真。

すこしすると「ニコライ堂」「ガード下のお洒落なレストラン」などがある。

069

いよいよゴールが近くなった、見てくださいこのカモメの数、屋形船まもなく「神田川」は「隅田川」に合流して、東京湾へと流れていきます。

「両国橋」で完歩を記念して、「万歳」ついでに「スカイツリー」「乾杯」の写真を載せておきます。

073

075

079_2

081

079_3

081_2

079

春の一日、8人のオジサンが「桜の花の精」に包まれて、心からの愉しい時間を過ごすことができました。

武蔵野国 素浪人 2013-3-29

| | コメント (8) | トラックバック (0)

『観梅』

今年は花の季節が狂っていますね、寒かったと思えば急に暖かくなり、強い風が吹いてまるで台風のよう、北国では大雪で大変ですね!!!

みなさんの地元は如何でしょうか?

東京では上野公園の桜は満開、とても4月までは持ちません!

昨年はいつもの仲間と、「青梅」へ行ったことを思い出しながら、3月17日(日)茨城・水戸の「偕楽園」で、観梅を楽しんできました。

いつもの「青春18切符」で、我が家を朝7時すぎの電車に乗り、10時過ぎに到着。

想像を超える人出、自動車でなくて大正解、駐車場待ちの大行列・大渋滞で、この人たちは何時になれば入れるのだろうと、他人事ながら心配になった次第。

梅はとうに盛りは過ぎたけれど、まだまだチラホラ咲いていました。

天気が良くて、園内で野点のお茶をいただき「ほっ」とさせて貰いました。

午後一時過ぎに、少し遅い目のお昼と言うことで、少し奮発して茨城名物「あんこう鍋」を、水戸市内の専門店でフルコースで頂きました。

残念ながら、皆さんには味も匂いもお届けできません、あしからずご容赦を!

写真を少し貼っておきますので、行った気になってお楽しみください。

014

020

015

025

027

030

031

031_2

武蔵野国 素浪人。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

よし笛コンサート(H25.3.17)に仲間が出演

平成25年3月17日(日)に京都アスニ―文化祭があり、ここに増戸、位田両氏が出演しました。午後1時からの開演に家から自転車に乗って千本丸太町を西へ数100メートルほど行ったところにある京都アスニ―に行きました。

 定刻午後1時から2時までの1時間によし笛コンサートは開催されました。

 

呉山平煥先生のご挨拶

Dsc05298

プログラムは

 京都アスニ―講座の受講生により

Dsc05299_3Dsc05300

透明感のあるよし笛の旋律が会場内に流れました。

 

Dsc05302Dsc05301_2

Dsc05303

 春への憧れ(モーツアルト)

 浜辺の歌(藤沢市のナリタタメゾウ氏)

 月の砂漠(浜辺の砂浜をモチーフとしているそうです)

 小さな木の美(ビゼー)

  山科アスニ―講座受講生による(増戸、位田両氏が参加)

Dsc05306

Dsc05307
Dsc05308 
Dsc05309

Dsc05310

  早春賦

  花

  荒城の月

 みかんの花咲く丘

かわせみのメンバーの方たち

Dsc05314Dsc05313

Dsc05311_2

 よし笛アンサンブル かわせみの皆さん)

  空から降ってきた少女

  シチリア―ナ(2声)

  コンドルは飛んでいく

  高校3年生

  最後は全員でシルクロードのテーマ

Dsc05315

Dsc05317_3Dsc05316

 あっという間の1時間でした。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「講談」!!!

今年の春は、寒いかと思えば急に暖かくなったり、「PM2.5」や「黄砂」が来たかと思っていたら、今度は「煙霧」だとさ! オラそんなのしらねぇ習ってねぇ?

こんな全地球的あるいは中国問題は横に於いておいて、3月16日(土)午後から「お江戸日本橋亭」で『講談の会』あり、我孫子の宗匠が出演と言うことになり、仲間の男6名女5名の計11名が、応援に駆けつけました。

12時半開演、先ず初めは「天野屋利兵衛」、次は忠臣蔵で馴染みの神崎与五郎の話「神埼の生い立ち」、「竹の水仙」、「村越誉の使者」、「山内一豊の妻」、「徂徠豆腐」と話は進んで中入りの休憩となりました。

知っていた話、知らなかった話、色々だったけれど、この「講談」という古典芸能身近で肉声で聞くと、知らず知らず引き込まれていく、何と面白いものか改めて感じ入った次第です。

011

中入り後初めの演者は、我孫子の宗匠「大名花屋」初めて聞く話だ。

「待ってました!!!」の大きな掛け声(私の声)にも、一礼の後堂々と語り始める。

関西弁を交えた話しっぷり、先生の言葉を借りれば、「関西風味で軽妙に語った」とお褒めの言葉通り、言葉に詰まるとアドリブなども出て、そこが又素晴らしい(厚かましいくらい)。

我々仲間は、まるで子供の演奏会などで見守る、親の心境を充分に味わいかつ楽しんだものである。

その後「瞼の母」「一本刀土俵入り」などがあり、最後に先生「神田すみれ」さんの語りで、午後4時締めくくりになりました。

3時間半があっという間に感じられる、楽しい時間でありました。

010

009

みなさんも機会があれば是非聞いてみてください、決してカビの生えた古い芸能ではない、と言うことを実感されること請合います。

このようなことを楽しみながら、生き生きと生活している仲間の一面をご紹介しました。

武蔵野国 素浪人 2013年3月18日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蛇谷ヶ峰901.7m(H25.3.16)登山

テントウ虫の会メンバーに下記のメールが流れました。

今年は巳年ですので蛇のついた名前の山を登りましょう

3711テントウムシの会メンバー各位  3月16日は今年の干支「巳」に因み 残雪の残る朽木村、「蛇谷ヶ峯」を目指します 集合場所・時間は 出町柳(京阪電車)河合橋東詰北側8時=松ヶ崎橋東北詰8時10分=いきものふれあいセンターP.~蛇谷ガ峰(901.7m)山頂~いきものふれあいセンターP.=(山女魚の里センター)てんくう温泉<入浴:食事>=出町柳:解散  地形図1/25000:「饗庭野;北小松」  持物:未だ冬山なので アイゼン(6本以上)、ロングスパッツ、ストック、(前日迄の天候次第でワカン)、雨具、ザックカバー、ウインドヤッケ、手袋、帽子、手拭、防寒対策、飲み物、弁当、お風呂の用意  参加不参加の連絡は1日(水)までに 尚、車を出せる方はその際合わせて連絡をお願い致します  中岡保弼

 午前7時35分市君が車で迎えに来てくれました。中には位田、中山の両名が同乗、4人で集合場所の出町柳の河合橋北側へ7時40分頃到着。しばらくすると中岡君が江嵜を乗せて車でやってきました。午前8時頃には他の三好、児玉さんも来て本日の参加者が全員揃いました。

 8名が2台の車に分乗してさっそく出発、高野川に沿って北上、松ヶ崎橋通過し、平八茶屋の前を通り、白川通りに出て花園橋から八瀬方面へ途中トイレと昼食を手配する人がいたのでコンビニによりました。

午前8時28分 小休止(コンビニ前)

Dsc05250

午前9時5分 いきものふれあいセンター駐車場に到着

建物の陰には今冬に積もった雪がまだ解けずに残っていました。

Dsc05251 Dsc05252

 今日は絶好の登山日和です。これから登る蛇谷ガ峰901.7mははるか向こうに見えています。

 いきものふれあいセンターで登山届を出し、注意事項を聴取

写真中央付近の窪んだところの右には電波反射板が見えており、窪みの左側が蛇谷ヶ峰山頂

Dsc05253_2

 午前9時33分いきものふれあいセンター前を出発。

Dsc05254 Dsc05255_3

今日の登山コースはカツラ谷コースが荒れているとの情報で

 午前10時、林道を少し歩いたところから左の尾根道にとりつき直登することに。

Dsc05257_2 Dsc05256

 ところどころに残雪が見えるようになってきました。登る途中で後ろ振り返ると下界の景色が目に飛び込んできました。

Dsc05258 Dsc05259

午前10時30分小休止ふれあいセンタ―前から1.4kmで丁度真ん中蛇谷ガ峰山頂まであと1.4km

Dsc05260

午前10時50分、一息入れた我々はさらに上を目指して登ります。

Dsc05261 Dsc05262

Dsc05263_2
 午前11時ここまでくると雪が急に深くなってきました。ここからアイゼンをもってきているメンバーはつけて登ります。

Dsc05264 Dsc05265

Dsc05266 

 午前11時2分 あと1キロ地点にきました。

Dsc05267
 

木に猿の腰掛が群生。

Dsc05268 Dsc05269

 午前11時38分あと500mまでの地点まできました、

Dsc05270_2

我々は尚も雪道を登ります。

Dsc05271_3 Dsc05272

午前11時54分山頂まであと200mの地点でここまでくると道標も雪に埋もれています積雪は1m以上はありそうです。

Dsc05273_3

 

Dsc05274_3

12時3分、ザックを置いて身軽になり、山頂を目指すことにしました。

Dsc05275

12時8分蛇谷ヶ峰901.7m山頂に到着、360度のパノラマが楽しめました。

Dsc05276_3

北山、琵琶湖、西山、南方面の山々など、ちょっと黄砂の影響でかすんでいますが・・・

Dsc05277_3 Dsc05278

Dsc05279 Dsc05280

Dsc05281 

いきものふれあいセンターから見えていた電波反射板もすぐそこに見えていました。

Dsc05282_3

12時19分十分に山頂からのパノラマを楽しんだ我々は少し下山して、ザックを置いた箇所まで戻り、昼食場所を求めました。

Dsc05284

12時25分、景色が楽しめる適当な場所を見つけて昼食タイム。

食事をしながら琵琶湖方面の下を見下ろすと赤い小さな屋根が見えたので、写真で確認すると茅葺の屋根に赤いトタンがかけてありました。

Dsc05285

 食事のあとは例によって市君のお手製ケーキと中岡君のコーヒの時間

Dsc05286 Dsc05287_2

 快晴の天気なので山頂の雪も解け始めています。

Dsc05288_2

午後1時30分、山頂から200mの地点で

Dsc05289_2
午後1時40分、 雪道を足元を確かめながら慎重に下山

Dsc05290

午後1時56分ようやく雪道もなくなったのでアイゼンを外して小休止、ちょっとくたびれている者も出ているようです。

Dsc05291

午後2時33分やっと中間地点まで下山。

Dsc05292

 ここからコースを変えてカツラの谷を下山することにしました。マンサクの花が満開

Dsc05293

午後3時3分 杉林の中を

Dsc05294

午後3時6分林道から尾根道への分岐点に戻ってきました。

いきものふれあいセンターまではもう少し約15分です

Dsc05295

午後3時45分いきものふれあいセンター駐車場に戻りました。

Dsc05297
このあと天空温泉へ行き汗を流して疲れを癒し、夕食をみんなで採りました。

午後6時まで楽しい時間を過ごしたあと、我々は帰途に着きました。

帰りは午後7時過ぎとなりました。

三好さんが撮った写真の数々です。

Img_1497 Img_1499

Img_1498 Img_1500

Img_1501_2 Img_1503

Img_1505_3 Img_1506

 文責 三輪

Dsc05288

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05253

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の大学の進学状況についてその1

今年の京都大学進学者は速報では11人で(うち現役は7名)でした。

 内訳は教育学部1名、法学部1名、理学部2名、医学部1名、医学人間2名、工学部2名、

農学部2名の合計11名。

  09年は0名、10年13名、11年15名、12年16名でした。

 文責 三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洛北高校付属中学校第7回卒業証書授与式(H25.3.14(木))

平成25年3月14日(木)午前9時30分より母校で洛北高校付属中学校の第7回卒業証書授与式が開催されました。

 私も京一中洛北高校同窓会の代表として三島理事長(R14)と一緒に参列してきました。

Dsc05216

Dsc05215_3
正門の両サイドには、今年洛北高校を卒業したラグビー部の森田選手が全日本高校代表として選ばれたことを祝す横断幕、、また今春の高校選抜大会に京都代表として男女ハンドボール部と囲碁部の本島瑠夏さんの横断幕もかかげられていました。

Dsc05217 Dsc05218

 午前9時前に学校のフロントキャンパスに入ると付属中学校の先生方が式の受付準備をされていました。

Dsc05219_2 Dsc05220

 午前9時20分過ぎに式が行われる体育館に入りました。

 

Dsc05221_2 

 午前9時30分定刻に第7回洛北高校付属中学校の卒業証書授与式は始まりました。

 吹奏楽部の演奏に乗って担任の先生を先頭にして中学生が入場してきました。

 後列の椅子には付属中学校の1年生、2年生と今年卒業の3年生の父兄が見守って

います。

Dsc05223 Dsc05224_2

今年の卒業生は2クラスで、80名(男子35名、女子45名)です。

1クラス40名が椅子席の位置に来ると先生の合図で着席。

 

Dsc05225

 式次第

  開式の辞

  国歌斉唱

  校歌斉唱

  卒業証書授与

  校長式辞

  来賓祝辞

  在校生送辞

  卒業生答辞

  記念品贈呈

  表彰

  卒業生保護者代表挨拶

  仰げば尊し斉唱

  閉式の辞

 

  式は卒業生80名が全員着席したところで始まりました。

  式場参列者全員で

  国歌斉唱(♪君が代は・・・・・)、

  校歌斉唱(♪千年の森かげに・・・・・・・)

 をした後は、校長先生が壇上に立ち、担任の先生が1人ずつ名前を読み上げる中、

 卒業生の中で最初に呼ばれた一名に対し、卒業証書が校長先生から読み上げられ、

Dsc05229

授与されました。

 その後は、卒業生に一人一人が、壇上に上がって卒業証書を校長先生から

受け取りました。

 生徒が離席した後には椅子の上に卒業証書入れがありました。

これはPTAから生徒に送られた記念品です。

Dsc05226 Dsc05227

Dsc05230

 午前9時53分、校長先生から式辞が卒業生に対して読み上げられました。

Dsc05231_3

午前10時20分PTA会長からは祝辞が述べられました。

Dsc05232

午前10時30分

在校生が送辞を、3年生が先輩として接してくれたことなど思い出をのべました。

Dsc05233

午前10時40分

これに対して卒業生代表から答辞が 3年間の思い出を中心にして

Dsc05234_2

午前10時55分PTA会長から記念品の贈呈(卒業証書入れ)

 

Dsc05235_3

午前11時、表彰 皆勤賞 3年間無遅刻、無欠席を続けた14名の生徒に対して贈られました。

Dsc05236_2

午前11時3分、卒業生保護者代表の挨拶

Dsc05237_3

 最後は全員が起立し、仰げば尊しを斉唱しました。

 閉式の辞

  参列された校長、副校長、事務長、司会の中学校副校長ほか先生方

Dsc05238 Dsc05240_2

Dsc05239

 卒業生退場

Dsc05241 Dsc05242

担任の先生がPTAから花束を

Dsc05243_2 Dsc05244

Dsc05246_4

 すべての卒業生が退場し、ガランとしました。

 会場の体育館を出ると祝電、祝文の数々が張り出されておりました。

Dsc05248

 文責 三輪

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路、明石

3月9日の徳島の快晴から一転、翌日本四高速を渡った姫路では気温が10度急降下の霙まじり。

慌ててセーターを買い求めたがホッカイロがほしい、まるで北国に来たようだ。(この高速は二度目、瀬戸内の海は美しく穏やか。)

一応徳島、姫路での用事は済ませたので、11日北風の中、朝9時に平成の大改修中の姫路城を訪れた。

すっぽり覆われた天守閣改修の様子は予約すれば見られる。

大屋根を身近に見るという機会はこの時しかない。

すでに3年経過しているが、完全に姿を現すのに後2年近くかかるという。

屋根は完成したが6層塗りの漆喰壁がまだまだらしい。

それにしても甍が美しい!

 

R0013293_3

R0013297_2

R0013302_8

R0013313_5

R0013301_7R0013300_5R0013312_3

R0013317_2

Yさんが設定してくれた「神戸4人衆」の明石での定食昼食会に向かう。

名物のタコ定食をお願いしたが、これも名物、穴子も本当は外せないと思ったらKさんが「食べて帰って」と穴子の天ぷら一本分けてくれた。

絡みつくような噛みごたえのタコから役者がかわって、このやさしい歯ごたえかおリ、ともにうまい!

さすが海産物に絶対的自信を持っている街である。

酒の肴にどういう話題が飛び交ったかは想像出来るでしょうが、2時間あまりが瞬く間に過ぎた。

当然奢りに浴したが、小生の分は誰が出してくれたのか知らない!

あと「魚の棚」という魚市場をぶらついたが、お分かりのように昼日中に酒を飲んでいたという顔を誰もしていない・・・・・

R0013320

R0013321

R0013325

R0013330_4

R0013329_3


R0013331

異口同音に「神戸は住みやすい」と言ってたが、4人とも以前にも増して優しさが漂うのはそのためか・・よいしょっ!

なお写真掲載に一切の承諾を得ていないが、責任は取りません、、、

神戸の皆さんありがとう、またお伺いします!   JUNZO

R0013306_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フクジュソウ鑑賞会(H25.3.5(火)

 平成25年3月5日(火) 春も近づく中、位田、中山君と一緒にフクジュソウの観賞に行きました。

今回は昨年に西山で鹿避けネットを張る作業を増戸君達、西山地域で活動されている方々

からの要請で応援隊として参加したメンバーが作業をした地域でのフクジュソウを観賞をするために行ったものです。

 午前8時35分ごろ位田君が車で迎えにきてくれました。中山君は既に乗っており、

3人で増戸君宅へ向かいました。

 午前9時20分頃到着。途中物集女街道と国道9号線が交差する所は、先月開通した

トンネル内を通過しました。立体交差なのでスムーズに通り抜けることができました。

 

午前10時前に増戸宅を出発今度は、増戸君の4WDの新車に乗り換えて4人で西山の森の案内所を目指しました。

 今回は増戸君の案内で山に入りました。

 今回は谷筋から山に入り数回の渡渉を繰り返して先へすすみました。

落葉樹の林でこの時期は葉っぱが落ちて明るくなっています。

 

Dsc05181 Dsc05182
   

Dsc05183 Dsc05184

午後11時30分、谷すじから山道を登りフクジュソウの花が咲いている場所

にやってきました。

Dsc05185 Dsc05186

 

Dsc05187_2 Dsc05188

Dsc05189_2

 

Dsc05190

 フクジュソウの花を充分に楽しんだ我々はその後、昼食を摂り、

西尾根まで登りポンポン山(678.9m)に向かいました。

午後1時半 ポンポン山山頂に到着

Dsc05197

よく晴れていて遠くは滋賀県の三上山やブナ、蓬莱の比良山系、

それに愛宕山などが見えました。、

Dsc05196_2

Dsc05198_2 Dsc05200_3

ポンポン山からは東海自然歩道をしばらく歩きました。送電線の鉄塔の

そばに咲いていたマンサクの花を見つけました。

Dsc05201

Dsc05202_3

Dsc05203_3

東尾根に回り込み出発地点に戻る道をたどりました。鉄塔のそばで

小休止しました。

Dsc05204_4

Dsc05205_2 Dsc05206_4

Dsc05207

Dsc05208

午後4時森の案内所に戻ってきました。

 

Dsc05209_4

森の案内所を出て洛西ニュータウンの中にある京都ホテルエミナースの温泉まで、

増戸君の車で送ってもらい、位田、中山、三輪はお風呂に入ってこの日の汗を流しました。

 その後、増戸君が準備してくれている猪鍋の夕食を食べに徒歩でエミナースから向かいました。その後は午後8時40分頃まで猪鍋をつつきながら楽しいひと時を過ごしました。

増戸君いろいろお世話になりありがとうございました。

 文責 三輪

 

Dsc05206

Dsc05205

Dsc05203_2

Dsc05203

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森田君(今年卒業)がラグビー高校日本代表に選出されました。

 今年洛北高校を卒業した元ラグビー部の森田慎也君がラグビー高校日本代表に選ばれました。

 代表は今年3月9日からイタリアとフランスに遠征し、18歳以下のイタリア、フランス代表などと4試合を行う予定。

 

 森田君は洛北高校のラグビー部でFB(フルバック)として活躍し、昨年の選抜大会で計3トライをあげる活躍が認められて一躍全国の注目を浴びた。

Dsc_0181
 京都は伏見工業と京都成章が最近は交互に全国大会へ出場していますが、それらの連続出場を止めるために西京区の西陵中学から洛北高校に進学して、洛北のラグビー部を支えた。2年生では伏見工業、3年生では京都成章を追い詰めがた京都の代表にはなれなかった。

 今回代表として抜擢され、海外遠征で結果を出そうと希望に燃えています。

卒業式の後、恒例の前広場においてラグビー部の後輩たちが歓迎のセレモニーを行いました。

タックルをする森田君

Dsc_0091_6 Dsc_0102

Dsc_0151 Dsc_0156_2

Dsc_0098

  今回の遠征チームの団長は洛北10回卒で洛北の大先輩で元日本代表の坂田好弘氏が務めます。 

  森田君は今年の4月から京都産業大学に進学し、ラグビーを続けるそうです

 文責 三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よし笛コンサート開催(3月17日)のお知らせ(増戸、位田君出演)

京都アスニ―文化祭が下記の要領で開催されます。

 日時 平成25年3月17日(日)午後1時

 場所 京都アスニ―(丸太町通り七本松西北側)に置いて開催されます。

 入場料は無料です。

  よし笛を練習している増戸君と位田君が出演されます。

  手の空いている3711会のメンバーの方はぜひとも聴きに来て頂きたいと両氏から

  プログラム

  春への憧れ                   早春賦

  浜辺の歌                     花

  月の砂漠                     荒城の月

  小さな木の実                  みかんの花咲く丘

    (アスニ―講座受講生)             (山科アスニー講座受講生)

  空から降ってきた少女            シュワ・ジェヴェチカ(森へ行きましょう)

  EL Condor Psss(コンドルは飛んでいく) シルクロードのテーマ(全員)

  高校三年生

 (よし笛アンサンブル かわせみ)

 文責 三輪

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天晴れ会、2月例会!追補

今回は結構歩きました。神田川については都心の御茶ノ水あたりしか知らない人がほとんどと思います。私もその一人です。三鷹市、杉並区、中野区、新宿区、(この先はまだ歩いていないが)各自治体や住民が景観を守り遊歩道や案内表示版を整備したりして散策しやすい形を残してくれています。土手がコンクリートに変わってはいますが、ウォーキングには最適のコースです。井の頭公園から京王電鉄に沿って数キロは春が待ち遠しい状態の桜並木がずっと続いていました。

最初は歩幅が広くて元気そうに見えます。

P10500632
15時頃、神田川と善福寺川が合流するあたり。

P10500742_5

P10500731_5

P10500723
皆が覗き込んでいる地図。この合流点の向こうに東京メトロの車庫の線路、左に丸ノ内線「中野富士見町」駅。この地図は南北が上下逆になっている。

「中野新橋」の朱塗りの橋の袂の公園で休息、後で調べたら貴乃花部屋の近くだった。

P10500751_3

P10500742_4

続きを読む "天晴れ会、2月例会!追補"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天晴れ会、2月例会!

今月は28日に「神田川」を歩いてきました。

「神田川」と言えば、あの曲を思い浮かべる方が、多いことと思います。

”赤い手拭いマフラーにして、二人で行った横丁の風呂屋”そうです、その神田川です。

この川の始まりは、「井の頭公園で湧く湧水」です。

そして終わりは、浅草あたりで「隅田川」に合流します。

案外知られていないのかも知れません、すぐ近くを「玉川上水」が流れていて、ここは『太宰治』の入水で有名です。

今回の我々は、そのような事とはまったく関係なく、ただ「神田川」の始まりから終わりまでを見届けようと言う、好奇心だけの集まりです。

中央線吉祥寺駅に集合したのは、「9人のオジサン」時間は正確です。

10分前には全員勢ぞろい、先ず井の頭公園に向かいます。

001
この日はビックリするくらいの快晴、その上今日の最高気温予想は18度。

井の頭公園の中の池にある、湧水地点に来てみると、清らかな清水が滾々と沸いていて、チョット感動。

003

006

004

007

まだまだ感動する柔らかい気持ちが残っていたと、心嬉しい限りである。

愈々神田川の出発点から、オジサン9人と言う滅多に無い集団が移動を始めました。

009

010

015

017

018

武蔵野市・三鷹市・杉並区と歩いて、京王線「明大前」に午後1時頃に到着。

昼食の場所をさがす、今回は中華食堂。

鼻の良く効く仲間がいて、いつも安くて美味しいものが食べられる、幸せを感じています。

なんと今回は、中華の丸テーブル9人掛けが、予約したように待っていました。

写真を見て貰えれば判ると思いますが、もう「無我夢中」で頬張っています。

021

024

025

食後は神田川に戻って歩き始めると、「善福寺川」が合流してきます。

途中に変わった「神社」がありました、コンクリートの打ちっぱなしの建物です。

027

028

028_2

中野区・新宿区に入ると、高層ビルが次々に現れてきます。

030

「神田川」は全長25キロほどですが、ここまで15キロ近く歩いたので、残りは次回と言うことで、中央線「大久保駅」近くの「居酒屋」で、打ち上げをと言うことにすぐに決まりました。

032

033

035

036

037

038
一つ忘れていました、「大きな餃子」というメニューがあったので、頼みましたら看板に偽りなし、大きくておいしかったなぁ・・・

1人の落伍者も無く、みんな元気に歩き通した事を祝って(理由は何でも良いのだが)乾杯、いつものように写真の顔を見ていただければ、何もいうことは無し。

ただただ元気に毎日を過ごせることに、感謝・感謝!謝謝・謝謝!

武蔵野国 素浪人 2013/2/28

| | コメント (3) | トラックバック (0)

京都府立洛北高等学校第62回卒業式(H25.3.1)

平成25年3月1日(金)午前10時から洛北高校の体育館において第62回卒業証書授与式が開催されました。

 

Dsc05131

Dsc05129 Dsc05130

 式次第は次のとおり

Dsc05146

   開式の辞

   国歌斉唱

   校歌斉唱

   卒業証書授与

   校長式辞

   来賓祝辞

   在校生送辞

   卒業生答辞

   記念品贈呈

   表彰

   卒業生保護者代表挨拶

   仰げば尊し斉唱

   閉式の辞

  午前10時 上垣副校長の司会により、卒業生が会場に入場

Dsc05132

 各クラス担任の教師の先導で卒業生がクラス毎に入場しました。

Dsc05133 Dsc05134 Dsc05135 Dsc05136

1組、2組、3組、4組、

Dsc05137_2

Dsc05138_2 Dsc05139_2

5組、6組

Dsc05140_2 Dsc05141

Dsc05142_2 Dsc05143_2

Dsc05144_3

最後に7組が入場しました。当日参加の来賓、PTA、教師が全員拍手でお迎えしました。

 

Dsc05145_2

開式の辞

 (一同、御起立願います」「礼」

 「ただ今より、平成24年度 京都府立洛北高等学校 第62回 卒業証書授与式を挙行いたします」

  国歌斉唱「♪ 君が代は ・・・・ ♪」

  校歌斉唱「 ♪ 千年の森かげに ・・・・・・ ♪」

午前10時4分「卒業証書授与」

Dsc05147

1組のホームルーム担任の先生から自分のクラスの卒業生を1人ずつ名前を読み上げ、生徒は「ハイ」と返事をして順次起立しました。最後に以上39名、着席」の合図で着席。

順次2組「Aさん、Bさん・・・・以上38名」、3組「・・・・以上40名」、4組「・・・・以上41名」、5組「・・・・以上39名」、6組「・・・・・39名」、7組「・・・・以上39名」まで各ホームルームの担任の先生から名前を読み上げた後、

「以上、本校普通科卒業生275名」

「卒業生、起立」

「卒業生代表 伊家・・・」と読み上げらた卒業生の代表は校長先生から卒業証書を受け取りました。

 

Dsc05149

 午前10時15分 校長先生の式辞

 校長先生は、今回の卒業生が入学した際の入学式で「挑戦」の言葉を贈りましたが、

3年間の間に「挑戦」の意識をもって過ごせましたか?の問いかけを中心に式辞を述べられました。

Dsc05150

午前10時27分 来賓祝辞 PTA会長の半井氏が祝辞を述べられした。

 

Dsc05151

 

Dsc05152_2

この後、来賓の紹介があり、祝電披露がありました。

外に張り出された祝電の数々

 

Dsc05173

午前10時37分 在校生送辞 在校生を代表して西川さんが送辞を朗読。

Dsc05153_2

午前10時43分 卒業生を代表して白江さんが答辞を朗読。

 

Dsc05154

 午前10時55分 記念品贈呈 卒業生を代表して藤田さんが目録を読む。

 

Dsc05155_2

 午前10時59分 PTA会長より卒業生へ記念品の贈呈。

 半井PTA会長より卒業生代表 田村さんへ卒業記念品として卒業証書を入れるケースが渡されました。

 

Dsc05156

また同窓会と生徒自治会より、卒業記念品として印鑑付きボールペンが昨日の同窓会入会式にて贈呈されたことを紹介されました。

各種表彰

午前11時02分  京都府立洛北高等学校教育賞の授与

Dsc05157

 これは3年間、無遅刻、無欠席であった生徒に与えられる賞で

 1組 磯山さん、紀田君、堀之内君、

 2組 窪田君、鈴木さん、田村さん、辻倉さん、原君、堀君、矢野君、

 3組 児玉さん、寺村君、野田さん、

 4組 高谷さん、

 5組 河野さん、横田さん、蒔田君の以上17名に授与されました。

午前11時05分 学習成績優秀賞(4名)

Dsc05158
 

 1組 大塚さん、

 4組 高谷さん

 5組 藤田さん

 7組 清水君 

 生徒をだいひょうして高谷さんが授与。

スポーツ賞文化省

  女子ハンドボール部 代表古賀さん

  女子ハンドボール部は、

 平成22年度全国高等学校総合体育大会優勝、

 平成22年度国民体育大会ハンドボール競技少年女子の部準優勝、

 平成23年度全国高等学校ハンドボール選抜大会ベスト8、

 平成24年度全国高等学校総合体育大会ベスト8、

 平成24年度国民体育大会ハンドボール競技少年女子の部準優勝の

成績を収めました。

  陸上競技部、 代表 木下さん

  陸上競技部は、

 平成23年度全国高等学校総合体育大会4x400mリレー第7位、

 京都府高等学校新記録

 平成24年度全国高等学校総合体育大会4x400mリレー準決勝進出

の成績を収めました。

 男子ハンドボール部、代表井上君

 男子ハンドボール部は、

 平成22年度全国高等学校総合体育大会ベスト16、

 平成23年度全国高等学校ハンドボール選抜大会ベスト16、

 平成24年度全国高等学校総合体育大会ベスト16

の成績を収めました。

 ラグビー部 代表 森田君

 ラグビー部は、

 平成23年度全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会に出場の

成績を収めました。

 ラグビー部 絹川、永井、長田の3名は

平成24年度国民体育大会ラグビーフットボール競技少年男子の部第3位

の成績を収めました。

Dsc05159

  代表して男子ハンドボール部 の井上君が賞状を受け取りました。

 午前11時15分 京一中洛北高校同窓会賞の授与(4名)

 秋山さんと古賀さんの2名

 ハンドボール競技において日本代表として平成24年度日中韓ジュニア交流競技大会で準優勝の成績を収めました。

 白永さん

 陸上競技において日本代表として平成24年度日中韓ジュニア交流競技大会

女子400m第2位、

女子4x400mリレーに出場の成績を収めました。

 森田君

  ラグビーフットボール競技において、高校日本代表にFBとして選ばれました。

4名にそれぞれ賞状が授与されました。

午前11時19分 全国高等学校校長協会体育部会及び全国高等学校 体育科連絡協議会 推奨の優秀生徒の表彰

 白永さん、森田君がそれぞれ賞状を授与されました。

 

Dsc05160

卒業式は粛々と進みました。

午前11時22分 卒業生保護者代表 給田さんよりご挨拶がありました。

Dsc05161

 教職員は全員起立して卒業生保護者のご挨拶を拝聴。

Dsc05162

午前11時25分 「仰げば尊しを全員で斉唱。

かくして卒業式はすべてを終了。

午前11時30分 卒業生の退場の時間となりました。

教職員が出口付近で並んで待つと、卒業生はホームルーム担任の先生を先頭に

して退場、先生はPTAから花束をもらっていました。

Dsc05163

Dsc05164

Dsc05165

Dsc05166 Dsc05167

Dsc05168_4 Dsc05169

校長先生以下拍手で卒業生を送られていました。

 

 

Dsc05170 Dsc05172

卒業生が退席した後はガランとしていました。 

Dsc05171_2

 

 卒業式が終わった後のエントランスキャンパス

 

Dsc05174

Dsc05175

このあとは12時50分過ぎから卒業生が出てきていつもの風景、在校生との交流が

あったようです。

文責 三輪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京一中・洛北高校同窓会入会式(H25.2.28(木))開催

Dsc05122

平成25年2月28日(木)午後1時30分頃から京一中・洛北高校同窓会の入会式が洛北高校の体育館にてかいさいされました。

これは、3月1日(金)の午前10時から行われる第62回京都府立洛北高等学校の卒業式の予行演習に先だって、約20分間の時間を取り式は行われました。

同窓会からは山川、三輪の常任理事が出席しました。

式では各クラスから2名ずつ学年幹事が任命され、学年幹事の代表者 行部さんに委嘱状が手渡されました。

各組の学年幹事は次の通り

 1組 井関さん、大塚さん

 2組 窪田君、土井さん

 3組 伊佐君、行部さん

 4組 橋本さん、渡邉さん

 5組 藤田さん、山元君

 6組 香田さん、中嶋さん

 7組 新井さん、清水君

また午後4時過ぎから同窓会の会議室で茶話会が開催され、学年幹事と同窓会の

三島、山川、三輪の各常任理事と事務局の奥村、岡本、八田さんが出席しました。

 

Dsc05124

Dsc05125

Dsc05126

Dsc05127_3

Dsc05128_3

 理事から学年幹事としてやってほしいことなどを説明、メールアドレス

や住所などを交換して今後の活動に役立ててほしいと要望されました。

 文責 三輪

Dsc05128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »