« 廃村八丁と品谷山(H24.12.6) | トップページ | 3711会だよりの皆様あけましておめでとうございます。 »

2012年「忘年会」!!!

ここ5年ほど恒例になったような「東京忘年会」、今年は御徒町で開催しました。

この辺りは「アメ横」で知られたところ、12月ともなれば買い物客でごった返しています。

いったい今時お正月だからと云って、いまどき何を買うのかまったく不思議?

我が家なら夫婦二人では、ろくに鍋も出来ない。

高齢化・核家族・少人数、今の時節あんなに大きな買い物をする人たちは、いったい何処から来たのだろう?

今年の忘年会は居酒屋です、デフレ次代の先端をいくこの業界なら、我らの懐でも大丈夫、会費4000円飲み放題で約3時間過ごすことが出来ました。

私は少し早い目に東京駅に到着、新しくなった「東京駅」の写真を撮ってきましたので見てください。

P1030126_3

P1030130

P1030131

P1030132

残念ながら今年は、銀杏が早く色づいてしまったので、かれてしまっています。

P1030135

P1030136

P1030137

P1030138

P1030139

P1030141

P1030142

肝心の忘年会は、22名の参加がありました。

関東一都三県を中心に、京都からもお二人に来て頂きました。

この店の三階を貸切にした感じだったので、他の人たちを気にせず、終始和やかな雰囲気で楽しむことが出来たように思います。

後半には予告なしで、勝部さんの尺八「春の海」が吹かれ、そのあとには吉田さんの講談「?」、なんだっか題は忘れたが語られ、我が仲間の芸達者たちに大いに楽しませていただいた次第です。

P1030146

P1030148

3時間半近くが過ぎて、名残惜しいがお別れの時間になりました。

それぞれ誰かが待つあたたかい巣へ帰って行きました。

いつもの事ながら、家に帰りたがらない数人が、浅草「神谷バー」へ流れていった次第です。

P1030157

P1030158

P1030159

P1030161

P1030162

様子も写真に撮っていますで、暇があれば見てやってください。

またいつものことですが、少し暇があればコメントを頂ければ、と願っております。

2012年12月12日 武蔵野国 素浪人。

|

« 廃村八丁と品谷山(H24.12.6) | トップページ | 3711会だよりの皆様あけましておめでとうございます。 »

3711会」カテゴリの記事

コメント

     曲江  杜甫

   朝よりかえりて日日春衣を典す
   毎日 江頭に酔いを尽くして帰る
   酒債 尋常 行処にあり
   人生 七十 古来稀なり
   花を穿つ蛺 蝶は深深として見え
   水に点ずる蜻 蜓は款款として飛ぶ
   伝語す 風光 共に流転して
   暫時 相賞して相違うこと莫らん
   ・・・・・・
 酒の借金はふつうのことで、行く先々にあるけれど、
 人生七十歳まで生きることが昔からめったにないから、
   ・・・・・・
 こう伝えたい
 ほんのしばらくの間でも、
 この心地良い時を流れのままに お互いに楽しみあって、
 そむかないようにしよう
               


  「 あの日より 五十余年の 師走かな 」  吉三


投稿: お嬢吉三 | 2012年12月13日 (木) 03時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年「忘年会」!!!:

« 廃村八丁と品谷山(H24.12.6) | トップページ | 3711会だよりの皆様あけましておめでとうございます。 »