« 武蔵野国たより! | トップページ | 「天晴れ会」蛇足 »

「天晴れ会」6月例会!

梅雨の合間を縫って、6月の「天晴れ会」は”山手線一周歩き”にチャレンジしました。

山手線は鉄道路線では、一周35キロ弱というこのようですが、そばの道路を歩くと40キロはゆうに越えてしまいます。

若い人で歩いている人は、1日で歩き切るようですが、我々高齢者は時間に縛られること無く、如何に多くの珍しいものや、変なモノをみつけて楽しむかが最大の目的です。

時間だけは十二分に余っていますので、ゆとりを楽しむことが最大の目的と言っても過言ではありません。

さてスタートは「東京駅」、6月15日(金)午前9時集合。

P1020589

P1020592

P1020593

参加者は「オジサン8人」写真を見て誰だか、見当をつけてください。

名前が判ったからと言って、おまけも何もありませんので悪しからず。

ここから時計回りに歩き始めました。

何処まで行けるかは、足に聞いて見なければ判りません。

この集まりは行けるところまで行く、途中でイヤになった人は勝手に帰る。

「来るもの拒まず、去るもの追わず」をモットーにしています。

東京駅からガードに沿って有楽町に向かうと、先ず目に入ってくるのが、「はとバス」の集合地、沢山の黄色いバスが集まっています。

その先は「ガード下」の食べ物屋・飲み屋、インターナショナルと言う言葉はここのためにあるかと思えるほどにある。

P1020600

P1020601

P1020604

日本・イタリア・中国・韓国・インド・台湾・バングラデシュ・イラン、などなどこれでもかと言うくらいに多くの飲食店が、頑張っています。

新橋を過ぎると急に高層ビル街の「汐留」、ここは打って変わって人の匂いが希薄な、無機質ビル群ここはどこ?と考えてしまいそうである。

P1020608

P1020610

P1020612

P1020614

その中にイタリア・シエナを、模したような所があった。

広場を中心に周りを囲んだビル群が、明らかにイタリアを模して建てられている。

我々オジサン8人はいかにも場違い、どう贔屓目に見ても、どうにも浮いていると言わざるを得ない。

そうこうするうちに貿易センタービルが目に入った、この浜松町界隈も海側は高層ビルばかり、もうあまり縁が無くなったおじさん達は次の田町に向かう。

四方さんはこの地でサラリーマン人生の殆んどを過ごしたので、何処にどんな店があって何が美味いか知り尽くしている。

P1020617

P1020619

P1020624

P1020627_2

P1020630

P1020631

P1020632

P1020633

P1020638

きっと何か話があるだろうと思っている間に、どんどん先に進み気がつくと”品川駅”丁度お昼時、誰かが言っていた「品川プリンスホテル1F」の和食バイキング1200円、ここに吸い込まれていった。

8人は一緒に入れる店を探すことは大変なので、ここは納得。

結構色々な品物があって、みなさん次から次に持ってきて食べる・食べる、中には朝飯を食べていないなんて猛者も居て、食事だけでなくデザートの甘いもの、アイスクリーム・コーヒーまで、さすがにこれ以上は無理と言うまでまるで欠食児童(この言葉は死語?)のように、アフリカの飢餓を忘れて時間を過ごしました。

心配したのはもうこれで帰ろう、と言い出すのではないかということでした。

幸い歩き出すことになり、北品川では「旧東海道」の一部に足を踏み入れ、超高級億ション「御殿山ヒルズ」の敷地を見て、大崎駅へ向かう。

大崎駅は殆んどの人が行ったことのない町、工場街だったところが最開発されて、オフィス・マンションの新市街になっている。

次は「五反田駅」昔遊びに行った人もあるようだが、「今は昔」殆んど素通りして目黒駅に向かう。

P1020649

ここから線路に沿う道があって「日の丸自動車教習場」を過ぎると「恵比寿駅」はもうすぐだ。

途中でクラチさんが、昔流行った曲で「アメリカ橋」と言うのがあった、と言い出したが、知っている人、知らない人共存したが、目黒駅で聞いて存在が判った。

この曲は狩人が唄った曲で、その橋詰に説明版があったので、写真を載せておく。

P1020648

P1020647

P1020637

P1020644

さていよいよ「恵比寿ガーデンプレイス」に到着、みんなの目は何だかぎらついてきた、絞りたてのビールは何処で飲めるのか?

レストランのお嬢さんに執拗に聞く、彼女はあまりよく知らないようだ。

やっと他の人に聞いて、その在りかを探り当て一目散に向かう。

時間は午後4時店の中はひっそりとしている。

これならおじさん8人、少々大きな声で話しても大丈夫、初めに注文するのは、「おじょうさん、エビス生」の生き生きとした声である。

このあとはいつものあまり代わり映えしない話で、この場に書くようなことは一つもありません。

話し疲れて店を出る頃には、今日はここ「恵比寿駅」までということで、次回のスタートはここからに決定。

梅雨のこの頃のこと、次回はいつになるかは判りませんが、次の珍道中をお楽しみにしてください。

2012/6/16 武蔵国住人 宇田記す。

|

« 武蔵野国たより! | トップページ | 「天晴れ会」蛇足 »

3711会」カテゴリの記事

コメント

皆さん、お疲れ様でした。帰宅時2万5千歩、風呂にゆっくり入り、ビールで夕食を済ませ8時にバタンキュウでした。品川のランチの後、いつリタイアするかを考え大崎駅と決めるも出来ず、では次の五反田駅だよねと想像したが、距離が短く簡単に通過、目黒駅まで行くと"恵比寿のビール"に釣られなんとか恵比寿駅まで歩くことができました。感謝。次回は巣鴨駅?のようですが、渋谷・新宿・池袋を素通りできるかがカギでしょうか、、、。

投稿: 紋白蝶 | 2012年6月16日 (土) 22時33分

東京駅丸の内北口集合、山手線一周ということで、我々はまず有楽町に向かって歩き出しました。
私は東京勤務約30年、勤務地は、大手町、霞ヶ関、内幸町、赤坂、浜松町、田町と6カ所変わりましたが、これら地域界隈の道や店については、まず全て知っていると思っていました。
ところが、今回は線路に沿って歩いたため、私が知らない道が相当ありました。
線路の高架下は、少し汚いがあらゆろ店が入っており、古くて歴史のありそうな店も結構多く、興味深く見て歩きました。
今回は「東京→恵比寿」で打ち上げでしたが、次回予定は「恵比寿→巣鴨」となりそうです。
巣鴨は「とげ抜き地蔵」があり、「おばあちゃんの原宿」としても有名です。
我々の世代には、お似合いのナンパ相手が大勢いる筈ですが、疲れており、また腕も相当錆び付いているので、はたして皆にその元気が残っているか?
もし成果があればご報告致します!
                         倉知恒雄


投稿: 倉知恒雄 | 2012年6月17日 (日) 03時02分

山手線利用半世紀近く、ご厄介になってない駅1つのみ。
いや〜侮っていたこと山手線に申し訳ない、、、
駅々及びその間の表情変化が面白い面白い!
いつもは鞄の中のカメラも活躍。
昔のレンズでマニュアル操作にも手こずったこともあって、2,3度ご一行を見失いました。
派手な縞シャツで大正解、見つけて歩調を遅らせてくれました、感謝。


件のアメリカ橋、調べたら狩人の歌詞ナンじゃぁこりゃ、そのままやぁ、、、
「♬アメリカ橋って知っていますか
目黒と恵比寿の間にある 下を山手線轟々走る 鉄で出来た青い橋〜〜♬ 」
♪ハシもカシも初めて知ったわぁ〜とんだもんとぉ〜♬

「♬あなたが教えてくれたのね あの橋の名前とわけを〜〜♬」
♪うちのリーダーだって教えられますぅ 隠れたように掲示板あるんですぅ、、♪

投稿: 惇三 | 2012年6月17日 (日) 05時23分

品川プリンスホテルでの昼食(ななかまど)は和食のビュフェでしたが私にとってあまり評価できないところです。新しく駅の南側にいい店(新しいビルの中で料理内容も色々あり料金も2割は安い)があると小さい声で控えめに言っていたのですが聞いてもらえなくて少し残念でした。
泉岳寺、品川近辺は私におまかせあれ、と言いたかったのですが同じような人がおられようでしたので遠慮してしまいました。今でも3ヶ月に一度品川に行っているのですけど。。。。

投稿: 下坂博信 | 2012年6月17日 (日) 16時27分

みんな達者だねー、あの山の手線を自分の足で回りきろうと言うのだから。
先月、宝ヶ池プリンスで会ったばかりの面々に『アッパレ!!』
を差し上げます。
なんと言っても、エビスの生を前にした「ドヤガオ」の寫眞が
一番だね。

次回、巣鴨での romance happenの報告を楽しみにしています。

倉知兄、もっと静かにオールディーズを聞聴かせる店を見つけたよ。

また行こう。    山科・中谷 進次郎

投稿: | 2012年6月18日 (月) 17時45分

訂正  最後の行の 「 聞 」 を削除してください。 中谷

投稿: | 2012年6月18日 (月) 17時49分

東京在住23年の私が知らなかったこの区間での風景ベスト3は以下のとおり。①東新橋2丁目汐留イタリア街(写真「イタリア・シエナを、模したような」の説明がある所)色の異なる7つのビルの前に円形のモニュメントは鉄道発祥時の機関車回転所跡地。②御殿山住宅街の公園(涼しい木陰で汗が引いて元気が甦った)、③アメリカ橋(恵比寿駅動く歩道の南端出口に隣接)「説明版があったので写真を載せておく」と本文にありますが写真は載っておりませんので補足しておきます。正式名称は恵比寿南橋。1904年セントルイス万博展示、これを買い取って1906年鉄製橋のモデルとして設置。歌は1976年作曲、1979年狩人がカバーしてヒット。1998年山川豊が歌っているのは別の曲。

投稿: 勝部 | 2012年6月18日 (月) 22時19分

勝部さんご指摘頂きありがとう、言行不一致は最近特に顕著になりました。
早速「アメリカ橋」の写真を掲載しておきました。
ゴメンなさい、物忘れは日常茶飯ですので、そのあたり承知の上でお付き合いの程、お願いします。
ところで京都の人にとって「山手線」の距離感はよく判らないとと思いますので、参考までに申します。
北大路から西大路七条通り東山通りこの長方形の距離がおおよそ21キロですので、ここを2周するくらいです。
或いは京都駅から大阪駅までと同じくらいと思って貰えたら。
長距離の直立二足歩行は、人間の縁って立つ原点ですよ。

投稿: uda | 2012年6月18日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198256/45676127

この記事へのトラックバック一覧です: 「天晴れ会」6月例会!:

« 武蔵野国たより! | トップページ | 「天晴れ会」蛇足 »