« 第4回卒業証書授与式(洛北高校附属中学校)(H22.3.18) | トップページ | 余呉湖湖畔で熊肉料理と北陸の旅(H22.3.13-14) »

中高一貫第1期生の動向

 本日3月18日の洛北高校附属中学第4回卒業証書授与式において参考資料として発表されたものを紹介します。

以下 洛北高校から出された資料によりますと

京都府公立学校にとって初めての中高一貫教育。平成16年4月の開校以来、6年間の特色ある教育活動を経て、一期生76名がこの春に洛北高校を巣立ちました。

 本校は、この6年間「確かな見通しを持って主体的に生き抜く、創造性あふれる心豊かな人間の育成」という、大きな教育目標をもって取組を進めてきました。

 中高一貫教育校の特長である「ゆとり」のある安定的な学校生活の中で、6年間の計画的・継続的指導により、児童生徒たちの多様な能力や個性を見つけ出し、伸ばすことが出来たと確信します。

 国公立大学の前期日程の発表が終わって、京都大学に、医学部(1)、理学部(3)を含む11名をはじめ、総数29名が国公立大学に合格できました。

 京都大学に11名という数字は、7名に1人(11名/76名)=教室の1列に1名の生徒が京大合格ということです。これは生徒諸君の頑張りの結果でもあり、学校の取組の成果でもあります。2期生以降の後輩への、誇りと自信につながるとともに、教育目標実現に向け、全国的にも先進校が少ない中で、膨大な時間をかけた検討と試行錯誤をおこないながら、6年間の取組を精一杯おこなってきた教職員への、大きな確信と励ましとなりました。

 2クラスという小さな畑から、6年間の一貫教育を受けて、しっかりした根を張った大きな芽が、豊かな実りに向けて顔を出しました。一期生76名の、「ゆたかなる ゆくすえの夢」、洛北の空へ高く伸び行け。それぞれの芽が、個性豊かに成長し、日本・世界の将来のリーダーとして芯の通った、幹の太い大木となることを期待しています。

 また、この2クラスの教育活動と、第Ⅰ類・第Ⅱ類・第Ⅲ類の教育活動とが、お互いに良い意味で刺激しあい、中高一貫コース以外の類型からの京大・阪大・神大をはじめとする国公立への進路実績だけでなく学習意欲の喚起、また部活動での全国優勝(ハンドボール女)、全国大会出場(ハンドボール男女・陸上競技・ラグビー・弓道)、府下大会優勝(サッカー)、準優勝(女子バレー)などの全国制覇に手が届く高い志など、学校全体に活力を与えてくれました。大多数の生徒に、勉学と部活動を両立させる気運が高まりました。

 また、来年度に迎える京一中創立140周年、洛北高校創立60周年に向けて、「伝統と創造」の歴史に新しいページを開くことが出来ました。 

 これらの成果をもとに、次年度以降も新たな挑戦に向けて、洛北の中高が一丸となって教育活動を進めて参ります。今後とも、ご理解とご協力そして応援をお願いいたします。

 【データ】 中高一貫コース76名の、3月12日(金)現在の国公立大学速報値

 京都大学        11名       大阪大学         2名

 神戸大学         1名       東京工業大学      1名

 京都府立大学    2名+推薦1    滋賀県立大学      3名

 京都工芸繊維大学   2名       名古屋工業大学     1名

 信州大学       1名+推薦1   滋賀大学          1名

 奈良県立大学      1名       尾道大学          1名 

                                 合格者  29名

※ 二次試験後期日程の結果を含む確定値は、4月上旬に発表予定

                平成22年3月12日(金) 

                洛北高校校長 宮原 芳久

 また読売新聞朝刊(平成22年3月17日付)では

  中学校の卒業式が迫った3月上旬、府立洛北附属中(左京区)では、3年生が高校1年の数学の授業を受けていた。2004年に府立で初めての中高一貫校として開校。週に3、4回、7時限授業をし、授業時間数は通常の公立中より年175時間から210時間多い。さらに、土曜日や夏・冬休みに補習も行う。

 女子生徒(15)は「小学校の時は塾で勉強していたが、補習を定期的にしてもらえるので、塾に行かなくてもいい」と言う。入学料、授業料は必要なく、府内全域の志願者が入学者選抜を受ける。片道約1時間かけて府南部から通う男子生徒(15)は親にあまり迷惑をかけたくないので、お金のかかる私学でなく、ここに入れてよかった」と話す。

 卒業生は全員が洛北校に無試験で進学でき、高校からの入学者とは別のコースで学ぶ。今春、同中一期生76人が洛北高を卒業し、うち11人が京都大に合格した。宮原芳久校長(54)は「経済的に私学や塾に行けない生徒もいる。学校の授業を理解できれば希望の大学に合格するだけの教育をしている」と胸を張る。

 二つの資料からもわかるように我OB.OGが注目している第一期生は結果を残してくれました。     

    文責 三輪

|

« 第4回卒業証書授与式(洛北高校附属中学校)(H22.3.18) | トップページ | 余呉湖湖畔で熊肉料理と北陸の旅(H22.3.13-14) »

母校の動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198256/33833195

この記事へのトラックバック一覧です: 中高一貫第1期生の動向:

« 第4回卒業証書授与式(洛北高校附属中学校)(H22.3.18) | トップページ | 余呉湖湖畔で熊肉料理と北陸の旅(H22.3.13-14) »