« 第二回「雨人の会」 | トップページ | 中高一貫第1期生の動向 »

第4回卒業証書授与式(洛北高校附属中学校)(H22.3.18)

 3月18日(木)洛北高校の体育館で、京都府立洛北高等学校附属中学校の第4回卒業証書授与式が行われました。

 式は午前9時30分から洛北高校の体育館で開催されました。今年卒業する79名の中学3年生の他に1年生全員、2年生全員と中学生全員が参加しました。その他に保護者の方々や校長先生をはじめ中学校の教科を担任された先生方が一同に会しました。

 式次第は次の通り

   開式の辞

   国歌斉唱

   校歌斉唱

   卒業証書授与

   校長式辞

   来賓祝辞

   在校生送辞

   卒業生答辞

   記念品贈呈

   表    彰

   卒業生保護者代表挨拶

   仰げば尊し斉唱

   閉式の辞

   副校長の開会の辞に引き続いて全員起立 吹奏楽部が演奏し、国歌斉唱

 校歌斉唱と続きました。

  続いて3年生の担任が卒業生一人一人の名前を呼び上げ、順番に壇上に上って

 宮原芳久校長先生から卒業証書を受け取りました。

 一人がまずはじめに起立し、中央に進み出て名前を呼ばれると壇上に進んで卒業証書を受け取る。

 すると次の生徒が列の最前列に出て中央に進み、順番を待つ、名前を呼ばれると壇上に進み証書を受け取る。

 次の生徒が起立して列の最前列に出てしばらく待つ。前の生徒が名前を呼ばれると中央に進んで順番を待つ。

 これの繰り返しで整然と卒業証書を受け取って行きました。

 卒業証書を受け取った生徒は自分の席に戻り、PTAがら贈呈されたブックカバー形式の証書入れに証書を挟んでおりました。

 今年第4回の中学卒業生は男子32名、女子47名 計79名

 他の2年生、1年生も女子が多そう。

 続いて宮原校長先生が式辞を述べられました。

   アニメの宮崎駿監督の話からアニメは1秒間に24コマの静止画から構成されている。動作はこれらの24コマを少しずつ動かすことで描写されている。

ミツバチは雨に濡れずに飛ぶことが出来るか。動作を細かく分析することで、これらが判ってくる。また人間の心臓は一生の間に何回鼓動するか(80才まで活きるとすると約30億回だそうです)  宮原校長先生は数学の先生

   1分間に70回とすると 70x60x24x365x80=2,943,360,000

 などなど

 来賓祝辞は来賓を代表してPTA会長(女性)からされました。

 在校生の代表送辞は2年生女子から

 又卒業生答辞は3年生男子からそれぞれされました。

 記念品贈呈はPTA会長から前述の卒業証書を入れるブックカバー形式の目録が卒業生代表に手渡されました。

 続いて表彰があり、3年間無遅刻、無欠席を通した10名の卒業生に皆勤賞が手渡されました。

 その後、卒業生保護者代表(女性)が挨拶をされました。

 全員起立のもと 仰げば尊しを斉唱

 閉式の辞が副校長からされたあと、卒業生が担任の先生を先頭に順次退場し、式は滞りなく終了しました。

  文責 三輪 新造

 

|

« 第二回「雨人の会」 | トップページ | 中高一貫第1期生の動向 »

母校の動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198256/33832098

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回卒業証書授与式(洛北高校附属中学校)(H22.3.18):

« 第二回「雨人の会」 | トップページ | 中高一貫第1期生の動向 »