« 下鴨だより(時代祭H20.10.22) | トップページ | 下鴨だより(母校の女子ハンドボール祝勝会)H20.10.25) »

源氏物語を舞う(平成20年11月23日(日))

現在京都市では源氏物語千年紀の記念イベントが各地で催されています。

今回ご紹介するのは仲間である西垣君、川岸君からの依頼で掲載するものです。

H201023_001_2 H201023_002 主催するのは同じく仲間の酒井(井口)悦子さんが副会長としてお世話されている「女人舞楽原笙会」がされるもの

です。

   演目は

   第1部

     林歌

     女楽・絃楽四重奏「越天楽残楽」

     桃李花若紫

     胡蝶

   第2部

     青海波

     五節舞

     納曾利(六人舞)

  平成20年11月23日(日)

  有料です

  開演は午後4時

  開場 午後3時30分

  場所 京都府立府民ホール「アルティ」

      京都市地下鉄「今出川」駅下車6番出口南へ徒歩5分

      京都市上京区烏丸一条下がる龍前町590-1

      TEL 075-441-1414

 後援 京都府・京都市・京都新聞社 H201023_003

  申し込み・問い合わせは写真内のところ、又は西垣君、川岸君まで問い合わせてください。

                 文責 三輪 新造

|

« 下鴨だより(時代祭H20.10.22) | トップページ | 下鴨だより(母校の女子ハンドボール祝勝会)H20.10.25) »

連絡」カテゴリの記事

コメント

三輪様酒井悦子です。『源氏物語を舞う』公演を早速掲載下さいまして有難うございました。雅楽の音楽で舞うのを舞楽といいます。平安朝の源氏物語には多数の舞楽が描かれています。光源氏が頭中将と青海波を舞っている姿を再現します私は今回女楽・絃楽四重奏の七絃琴を弾きます。光源氏は名手だったとか、その後廃れてしまい 幻の七絃琴といわれました。今回は尋ね周りやっと先生が居られご指導いただきました。なにしろ小さな音色で、どうなることやらです。
秋の一日錦秋の京を愛で、昼下がりにはアルティにて源氏物語を紐解かれ平安朝の絢爛華麗な、そして優雅な世界へいざないます。どうかお誘い会わせご来場お待ちしています。

入場料 前売り¥3000  当日券 ¥3500

連絡先 酒井悦子携帯 080-5361-7672
    携帯 e-sakai.nasori@ezweb.ne.jp
  pc e-sakai03ryo@r6.dion.ne.jp
住 所 〒561-0805 豊中市曽根南町1-11-8

投稿: 酒井悦子(旧姓)井口 | 2008年11月 1日 (土) 17時23分

11月23日(日)午後4時ー6時まで公演を見てきました。綺麗な衣裳とともに優雅なゆったりとした舞を舞われる姿に暫しの間、騒然としているこの頃の世相を忘れて源氏物語が書かれた千年前の世界を覗いてきました。この会には3711会のメンバーも多く観覧席にいました。伊地知君、大野君、永根さん、西垣君、川岸君等の顔も見えました。他にもいたと思います。また舞台の上ではおなじく3711会のメンバー酒井(井口)悦子さんが舞姫とひとりとして鮮やかな舞を披露してくれました。(三輪)

投稿: 三輪 新造 | 2008年11月23日 (日) 22時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語を舞う(平成20年11月23日(日)):

« 下鴨だより(時代祭H20.10.22) | トップページ | 下鴨だより(母校の女子ハンドボール祝勝会)H20.10.25) »