« 下鴨だより(八ヶ峰(800.1m) | トップページ | 「日光街道」あるき »

2008年インターハイ京都府予選

ハンドボール男女ともアベック優勝

男子 決勝   洛北 29(前半 12-11 後半 17-11) 22 北嵯峨

女子 決勝   洛北 34(前半 16-9 後半 18-7) 16 西宇治

 ハンドボール女子では これで18連覇を飾った洛北は、序盤、相手の遅い展開に引き込まれて苦しんだが、最後は個々の力で圧倒した。楠本監督は「新たな課題や反省点が出た」と淡々と振り返った。前半20分を過ぎても、9-8と1点だけのリード。反則が多く得点を伸ばせなかった。乾主将は「ミスの連続。良いリズムにできなかった」と話す。流れを変えたのは、春の全国選抜大会優勝以降、力を入れている個々のレベルアップの成果だった。主力選手だけでなく「いろんな選手を試してみたい」と投入された控え選手たちも力強いシュートを決め、すぐに得意の速攻の流れを取り戻した。昨年春のの全国選抜大会以降、高校の全国大会で連勝を続けており、インターハイでは大会初の4連覇に挑む。乾主将は「これからも一つ一つのプレーを丁寧にしたい」と気持ちを引き締めた。

 一方、男子は後半得意のコンビプレーが決まり一気に点差を広げた。佐久間監督は『自分たちで考えてサインプレーを出せるようになった」と語った。春の選抜大会では初戦で敗退。巻き返しを近い、全国の強豪と練習試合を重ね、1日約30kmの走り込みもこなした。課題だった自主性も増した。中井主将は「夏は(監督に頼らず)3年生中心に自分たちでj引っ張っていきたい。ベスト8以上を目指す」と熱く語った。(京都新聞朝刊)

バレーボール 女子は決勝で敗退、今年も京都橘という高い壁を越えることが出来なかったが、よく頑張ったと思います。

 女子 決 勝   京都橘 2(25-17 25-  7) 0 洛   北

     準決勝   洛   北 2(25-12 25-19) 0 南  丹

                                    文責 三輪

|

« 下鴨だより(八ヶ峰(800.1m) | トップページ | 「日光街道」あるき »

母校の動向」カテゴリの記事

コメント

三輪特派員いつも母校の情報ありがとう。
女子ハンドボール18連覇て本当に凄いよね!!
以前から思っていたことだが、アマテラスの時代から日ノ本の国は女性で持っている、我が洛北も然り、男どもはからっきしだな!
みなさん異論のある方、同意される方もここにコメント書いてください。
このブログ見た人は拝観料はいりませんから、一言でもコメント書いてください。
民主主義の国ですから、黙っていてはわかりません。
どうぞよろしく待ってまぁーす・・・。

投稿: 宇田知 | 2008年6月20日 (金) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198256/28966376

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年インターハイ京都府予選:

« 下鴨だより(八ヶ峰(800.1m) | トップページ | 「日光街道」あるき »