« 下鴨たより(貴船) | トップページ | 下鴨たより(赤坂山登山) »

《猫の額》

みなさんお元気ですか?最近は三輪さんからの「下鴨だより」を楽しみにしています。京都の山仲間は毎月しっかり歩いているようですね。

関東でも近場の「低山あるき」をしてみようかと考えています。武蔵・秩父・上毛などそのつもりになれば沢山あります。関東に住んでいる方いかがですか?

話は変わりますが、もう10年くらい前になるかと思いますが、深大寺の植物園に行った時、カルミアの花が咲いていたのを覚えていますか?丁度今、我が家の《猫の額に》カルミアが咲いていましたので、暇つぶしに写真を撮りこの場に載せてみます。先日家内に草木の名前を聞いて書き上げたところ、100種類くらいはありとても私の頭では覚えられそうに無いとギブアップしました。

060519_001 060519_007 060519_009 060519_002                                   

まるで「金平糖」そのものですね、最後の写真の右手前にあるのが、「デモルフォセカ」その左が「紫ラン」一番左が「アルストロメリア」だそうだ。

支柱が立っているのは、キューリ・トマト・ナス・ししとうなどなど、年金生活者は自給自足が原則、花は食べてもあまり美味しくなさそう。

増戸さんこれはすべて園芸種です、折角ですがあなたの出番はありません。

暇つぶしでブログの画面を使ってすいません、皆さんもなにか近況をお知らせ願えればいかがでしょうか。       宇田知                                                                                                       

|

« 下鴨たより(貴船) | トップページ | 下鴨たより(赤坂山登山) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

引越しをされた頃にお宅に伺いましたとき、庭は穴ぼこだらけでしたが、すっかり綺麗になりましたね。
私のフイールドの京都・西山で、名前が分かったいる植物だけで約1300種あります。
それがなかなか名前が憶えられません。
更に昆虫、キノコ、動物などの名前が無限と思われるほどあります。
名前を憶えようとすると、そのことでストレスを感じ自然を楽しめなくなります。
そのことから自然界で自立できない生物を対象からはずしております。
園芸種として片付けている理由です。
関東の近郊の山を楽しまれることはいいことですね。
増戸

投稿: 増戸秀毅 | 2006年5月22日 (月) 09時29分

自宅の庭でいろいろな花や野菜ができるのですね。きれいな花が楽しめていいですね。
 私は4月から吉村文彦君のまつたけ十字軍運動に参加するようになりました。この会にはR11のメンバーが沢山参加しています。今のところ6、7名(吉村、岡坂、増戸、加藤、川崎、榎本、私)です。まつたけの再生を夢見て常時30名前後のおじさん、おばさん達が週1回集まって活動しております。
今日もこれから出かけます。岩倉地区の里山に入って赤松の山の斜面で土と戯れる一日になります。三輪

投稿: 三輪 新造 | 2006年5月26日 (金) 06時53分

増戸さん一つ教えてください。植物について、園芸種の位置取りは判ったのですが、最近自然界で自立できない「ホモサピエンス」が増えているように思いますが、このあたりの事はどのように考えればよいのでしょうか?まさか対象から外すという訳にもいかないし、またこれからこの種は益々増加傾向にあるかと感じています。話は変わりますが、今年夏山は何処か予定していますか。もし予定があれば教えてください、久し振りに山歩きも出来れば、と考えています。

投稿: 宇田 | 2006年5月28日 (日) 11時14分

宇田さんの質問の回答になっているこどうかしれませんが、
私のグループに絶滅危惧種や絶滅種を「種」や「挿し目」で増殖を試みている方がいます。
「種」は簡単に増やすことができるのですが、元の環境に戻すと弱ってきます。
原因は人が放置することによる光不足だと思います。
周辺の草や常緑樹を切り、光を当たるようにしますと、むしろ普通種と言われるものより、これらはぎりぎりの環境で残ってきたせいでしようか、本来生命力があるのではないかと思います。
これは有史以来、人間の営みとしてやってきたことす。
最近農業が元気がないことが問題の原因と言われています。
これが里山の手入れの考え方です。
長くなりますので、今度飲みながら、ゆっくりと意見交換をいたしましょう。

・私たちの山行きの予定ですが、6/17(土)、7/15(土)の日程だけ決まっております。
 行き先は、1W間前に位に話し合いで、決めております。
 ただ、8月19(土)20(日)は恒例の北山荘行きを予定 しております。
 大歓迎ですので、どうか参加ください。
 増戸

投稿: 増戸秀毅 | 2006年5月30日 (火) 16時27分

ご無沙汰していますと云う言葉が適当かどうか疑問なところですが、安土健二です。皆様お元気でお過ごしのよう、下鴨たよりなどで見ています。 小生40年間北は北海道から南は九州までスキー場を作りリフトロープウェイを建設し続けて来ましたが、この4月からどうゆう訳か新神戸にある布引ハーブ園と新神戸ロープウェーの二つの施設を指定管理者制度で管理運営することになりました。 花の話しが続いていたので、つい私の話題もとメールしてみました。 一度「布引ハーブ園」に足を運んで見ませんか? ハイキングコースも幾つもあるようですし!
 場所は新幹線、神戸市営地下鉄「新神戸」駅隣です。JR、阪急、阪神の三ノ宮駅からも地下鉄ひと駅です。
連絡先 新神戸ロープウェー、布引ハーブ園
 078-271-1160

投稿: 安土 健二 | 2006年6月 4日 (日) 14時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 《猫の額》:

« 下鴨たより(貴船) | トップページ | 下鴨たより(赤坂山登山) »